京都

2015年04月04日

錦市場でお買い物

先日の京都ランチの続きです。

DSC_3228

高瀬川沿いの桜を堪能したあと、錦市場を河原町側から烏丸方面へと歩きました。

DSC_3238

さすがにこの時期、錦市場も大賑わいでかなり混みあってました。
でも、お惣菜屋さんから魚屋さん、雑貨屋さんといろいろあって見てるだけでも飽きない通りです。

DSC_3242

こちらでは黒豆茶の試飲をさせてもらいました。3袋以上買うと安くなるので、同じグループの人で3袋以上買っても安くなります。入れたあとのお豆は食べれるとか・・・・でも、私はうちに緑茶が売るほどあるのでパスしましたけどね・・・。

DSC_3241

京ゆば「湯波吉」

DSC_3239

くるくると美しい湯葉。
でも、私はわれてる湯葉を購入しました。

DSC_3245

三木鶏卵

DSC_3244

玉子焼きのお店もいくつかあるのだけど、skさんがいつも買うという三木鶏卵で出し巻き玉子を購入

DSC_3246

ほかのメンバーのお買い物を待ってる間に、こちら「花つね」に3人がつかまりました。

image

かわいらしいお花がとっても安いんです

というわけで錦市場で買ってきたのが・・・

DSC_3284

ゆばのはし¥400。
京ゆば「湯波吉」
錦小路通御幸町西入

DSC_3278

出し巻き玉子(小)¥480
「三木鶏卵」
錦小路通富小路西入

DSC_3279

玉子焼きは作っても、出し巻き玉子は作ったことがありません。
でも、ちびは出し巻き玉子が大好き。やっぱりおいしいって~!

DSC_3291

ミニバラ「あさきゆめみし」¥398、なんて素敵なネーミングなんでしょ。花も素敵だけど、ついついこの名前にひかれて京都から買って帰ってしまいました。
「花つね」
錦市場のどまんなか(←HPのアクセスに書いてあります)

DSC_3309

ハゴロモジャスミン¥150。
前からほしいと思っていたハゴロモジャスミンがこんなに安かったら買うしかないでしょ。いい買い物ができました。


実はこの錦市場へ行く前に四条通にあるINOBUNにも行ったんでした。

BlogPaint

INOBUNに入るのはとっても久しぶり。

DSC_3237

さすが本店だけあって、おしゃれな生活雑貨がいっぱいです。

DSC_3287

あひるの計量カップとスプーンのセット、カレルチャペックの紅茶(ジンジャーレモン)、楽譜のペーパーナプキンを買いました。

ここでの買い物時間を取りすぎたため、カフェタイムが遅くなってしまいました。

   ~カフェ編につづく~

cool_mama at 20:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年02月05日

「京の冬の旅」建仁寺「霊源院」~六道珍皇寺

「京の冬の旅」非公開文化財特別公開が1月10日~3月18日の期間実施されています。
そこで、寒さに負けず朝から行ってきました。

DSC_1846

阪急河原町駅で降りて、鴨川を渡ります。冷たい風が気持ちいいです

まずは建仁寺方面へ行くため四条通から花見小路を南へ入ります。ここは昔、午前中はひとけのない通りだったのに、今では中国人観光客でいっぱいです。

実はこのあたりで、コーヒーを飲もうなんてたくらんで、朝のコーヒーを飲まずに家を出たのに・・・なんと目指すお店は閉まってました。定休日ではないはずなのに、なんで~?

DSC_1851

では、あのかわいいおはぎの「小多福」が近くにあったはず。久しぶりにおはぎを買おう・・・て思ったら、のれんがでてません。調べてみたら、木曜日は定休日でした。残念!

食べ物なんかに惑わされてはいけないということなのでしょう。建仁寺塔頭の「霊源院(れいげんいん)」をめざしました。

DSC_1852

まずは建仁寺境内へ入ります。
こちらは有名な風神雷神の屏風や、迫力の双龍図があります。

DSC_1854

法堂
こちらの天井に、迫力ある双龍図がありますが、横を通り・・・

DSC_1855

三門 「望闕楼」を正面からみて・・・

DSC_1857

建仁寺南側にある東へのびる石畳を歩いていきます。
だれもいないこんな道を歩くと、京都を独り占めしてる感じです。

DSC_1859

ところどころにこんな看板があって助かりました。

DSC_1861

建仁寺「霊源院」に到着。
冬の特別拝観なので、かなり派手にしてますね~

DSC_1864

でも、中はこじんまりとしています。そんな小さな方丈内に、二つの茶席があり、その一つ「也足軒(やそくけん)」では、住職がお茶をたててました。お茶の心得があればいただきたいところでしたが・・・にじり口は低いのに、とても敷居は高かったです

こちらでは、高僧の木像と、その胎内から発見された「毘沙門天立像」を見ることができます。

DSC_1863

また、お庭だけ写真をとることができました。
花祭りのときに、仏様にかける甘茶(あまちゃ)や沙羅双樹の木が植えられている枯山水庭園の「甘露庭」。

ここから、また、案内板に沿って「六道珍皇寺(ろくどうちんこうじ)」へ向かいました。

DSC_1866

小さな山門と六道の辻の碑

DSC_1867

本堂には薬師三尊像が安置されています。
また、ここ境内のあたりが六道の分岐点、あの世とこの世の境と思われていたようです。
というのも、この寺が「野辺の送り」をしてきたからだそうで、いろんな伝説も残されています。

DSC_1870

こちらもお庭の写真は撮れました。
ただし、庭に降りたら写真を撮ってはいけないそうで、建物の中からはOKとのことです。

特別拝観をしているところは、その寺にまつわる話や展示品の説明をしてくれる方がいます。この寺があの世とこの世の境というだけあって、それにまつわる話を伺いました。また、閻魔様の像や、境内の様子の絵図や地獄絵図があったりしました。今は現代作家の迫力ある屏風もおいてます。

DSC_1873

閻魔王宮の役人と言われた小野篁(おののたかむら)が冥府通いのために使っていた「冥土通いの井戸」が、写真の真ん中あたりにあります。

また、最近になってみつかった「黄泉がえりの井戸」がこの奥のほうにあり、深さは100mにも達するそうです。

DSC_1880

お迎え鐘の鐘楼

DSC_1878

ここから綱をひいて鐘を鳴らしてきました。

DSC_1868

手前が閻魔堂(篁堂)で、閻魔像、小野篁像が安置されてます。いつもは小さな格子窓からのぞくことしかできませんが、今はその扉が開け放たれてます!

どちらのお寺も、外国人観光客の姿はなく、静かなものでした




お寺は一人でまわってたのですが、このあと大学で最後のテストを終わらせたちびにぃにとランチへ行きました。

DSC_1883

京都の大学へ通ってる割に、このあたりは疎いので、わかりやすい八坂さんで待ち合わせ

京都のランチへつづく・・・



cool_mama at 20:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年01月27日

修復中東本願寺~渉成園

ランチを食べた後は、せっかく京都へ来てるのだからと、京都駅近くの東本願寺へ行ってみました。

DSC_1659

阿弥陀門
この門から見える境内にビルが建ってるわけではありません。
なんとそこにあるはずの阿弥陀堂は修復工事中でした。
がっかり・・・

DSC_1661

気を取り直して、阿弥陀門の柱の根本を見ると、キリンビールのマークが振り返ってるような動物が・・・ていうことは麒麟でしょうか?!

DSC_1666

御影堂はたくさんの人たちがお掃除していました。
ボランティアの方々でしょうか、それとも、檀家さんでしょうか?

DSC_1669

御影堂の前にある大きな御影堂門も修復中。
東本願寺は、とても残念な状態なので、近くにある東本願寺の飛地境内の渉成園へ行きました。

東本願寺から東へ3分くらいで渉成園入口です。

DSC_1670

こちらは拝観料とか入園料ということではなく、庭園維持費として¥500以上を納めることになっています。

DSC_1737

納めるとA4版の「渉成園に咲く花」あるいは「渉成園の詳しい案内」を記したA4版のカラー冊子をいただくことができます。あまりの豪華版にびっくりです。

DSC_1671

園内を冊子の順路に沿って歩きました。

DSC_1675

臨池亭から池と檜垣の灯篭を眺めようと思いましたが、突然の雨!

園林堂(おんりんどう)の軒先を借りて雨宿りをしました。

DSC_1677

その時正面に見えた傍花閣(ぼうかかく)。
桜の木に囲まれてるので、春はここからまわりを眺めたらきれいでしょうね~

DSC_1698

池の奥に見えるのは木橋の回棹廊(かいとうろう)。

DSC_1686

さぁ、回棹廊を渡ります。
それにしてもどこもかしこも貸切り状態なので、なんだかとっても得した気分

DSC_1689

印月池(いんげつち)にかかる侵雪橋(しんせつきょう)も渡れます。結構こんな橋は渡れないようになってる庭園が多いので、またまた得した気分です

DSC_1692

松の木の左側に鳥がいます。たぶんアオサギではないか(?)と思います。全部で4羽、池の周りを飛んでいました。

DSC_1703

閬風亭(ろうふうてい)
廊下をぐるりと囲むガラスが、とてもきれいに磨かれていました。

優雅に造られ手入れされてる庭と、さまざまな建築物がある渉成園は、たまたま訪れたのだけど、静かでとてもいいところでした。


 このあと京都のカフェへとつづく


cool_mama at 21:33|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2014年10月24日

京(みやこ)へのいざない@京都国立博物館

ランチのあとの予定は未定・・・だったんだけど、goziちゃんが京都国立博物館で開催してる「京へのいざない」のチケットが手に入ったから、足りない分は折半して行こう!と誘ってくれました。

P1120079

実は先日、京都国立博物館へ「国宝鳥獣戯画と高山寺」を観に行った時、間違えて「京へのいざない」のチケットを前売りで買ってしまっていたので、私はチケットを持ってたんです。やっぱり観に行く運命だったんですね。

P1120050

先週につづきやってきました、京都国立博物館。
気持ちのいいお天気~!

P1120053

こちらが鳥獣戯画を展示している明治古都館(本館という方が私は好き)。
今日は入るための待ち時間20分、中で鳥獣戯画をみるために30分となってました。

P1120052

こちらが5年ぶりに9月13日オープンした平常展示館の「平成知新館」。気持ちがいいくらいすっきりした建物です。レストランもありました。

1~3Fまで国宝や重要文化財なども多数展示されてます。チラシにある言葉を借りると「絵画・書跡・彫刻・工芸・考古の各分野から選りすぐられた、まさに名品・名作のオンパレードです。・・・きわめて贅沢かつゴージャスな展観となるでしょう」ということです。

今回の入場料は大人¥520、大学生¥260。
高校生以下、70歳以上は無料。

本館での特別展より、私はこちらの方が見ごたえがあったように思います。
「京へのいざない」、会期は11月16日までです。


cool_mama at 23:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月15日

国宝鳥獣戯画と高山寺@京都国立博物館

今日は大好きな京都へ。

京都国立博物館で開催中の「国宝鳥獣戯画と高山寺」を見るのが第一目的です。

P1110858

京都国立博物館の入り口はとても近代的です。
(わぉ、きれいな空~
正門は古く重厚な門ですが、チケット売り場がこちらなので、正門から入ることはできません。(団体ははいれるようですが・・・)

P1110864

今日は外での待ち時間が10分、中に入って鳥獣戯画の待ち時間が20分となっていました。
鳥獣戯画はポピュラーな絵なので、そこで列ができてました~

P1110868

高山寺が所蔵している書物や掛け軸がたくさん展示されてました。
でも、説明を読んでもわかったようなわからないような・・・結局書物は何もわからないまま眺めてきた感じです。その最後にこの鳥獣戯画の展示なので、カエルやうさぎ、キツネなどが人間のように描かれてるのを、じっくり見てしまい、よけいに行列ができてしまうのかもしれません。
待ち時間にイライラした男性が、「もっとさっさと見てすすめ!」みたいなことを叫んでました。静かな美術館ではめずらしいことなのでびっくり。
気持ちはわからなくはありませんが・・・やっぱりこういう場所で、そういう発言は控えた方がいいのにな・・・。


さてさて、この後はランチへGo です


cool_mama at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年07月19日

京都細見美術館「「デミタスコスモス 宝石のきらめき☆カップ&ソーサー」

  ~京都のつづき

ランチのあとは細見美術館へタクシーで移動。

P1100325

今ここで開催されてる「デミタスコスモス 宝石のきらめき☆カップ&ソーサー」のチケットをgoziちゃんが調達してくれました。サンキュー

14_04-crs_s

私でも知ってるマイセンやミントンなどのデミタスカップも多数展示されてました。18~20世紀初めにかけてのヨーロッパの作品が中心になっています。とてもゴージャスだったりかわいらしかったり・・・見ていてとても楽しかったです。

P1100327

美術館の中には「カフェキューブ」というランチもできるカフェがあって、以前来た時も機会があったらここでお茶したいと思ったけど、今回やっぱり思いました。でも、京都には素敵なところがありすぎなのでなかなかいけないんですけどね~


「デミタスコスモス 宝石のきらめき☆カップ&ソーサー」
H26.7.8~9.28
細見美術館
京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
075-752-5555
10:00~18:00(入館17:30まで)
休館日  毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)


cool_mama at 20:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年07月15日

百万遍さん手づくり市

京都の「百万遍さん手づくり市」は毎月十五日に知恩寺境内で行われます。
というわけで先月の大山崎十日市に続き行ってきました。

私とmosu-roseさんは阪急電車利用なので河原町駅で降り、4~5分歩いて祇園四条駅から京阪に乗り出町柳へ。そこでgoziちゃんと待ち合わせ、歩いて百万遍知恩寺へ行きました。

P1100265

バスを利用してくる人もたくさんいるので道のあちこちから増え始め、どんどん知恩寺山門へと人が入って行きます。

P1100266

境内はお店も人もたくさん!!

P1100267

ほかの手づくり市より日本的なものが多い気がします。

BlogPaint

お店番におばあちゃんがちょこんと座っていたりして~

P1100276

週間予報では雨だったけど、いいお天気に恵まれました。いや~ん、恵まれすぎて暑すぎです。この本堂は休憩所がわりになってました。

P1100270

こんな風にジュースも売ってます。

P1100275

私はレモンスカッシュ、mosu-roseさんのカシスレモンソーダ。どちらも¥300でレモンたっぷり、生き返ります~

P1100279

「ブルージュ洛北」というパン屋さんにできた行列です。goziちゃんがテレビで見たそうで、洛北フレンチというのが有名だそうです。

P1100284

やっと順番が回ってきたのだけど・・・

P1100285

目的の洛北フレンチは何人か前で売り切れ~。次のが焼き上がったのでこちらへ向かってるとは言ってたけど、岩倉からくるので30分かかるって~、それってもう一度並ばなくちゃいけないってことだから無理無理。涼しくなったらまた来ようってことになりました。

P1100286

とにかく広い境内にはお店がいっぱい。本堂の裏側までずっとお店です。

P1100290

この「ラミデュパン」もかなり人気のようで、からのばんじゅう(パンをいれてるケース)がたくさん積んでありました。で、ここでもちょっと購入

P1100287

すっごくかわいい多肉植物の寄せ植えをおいてるお店を発見。

本当にいろんなお店があって楽しいてづくり市でした。

P1100294

そうそう阿弥陀堂では何人ものお坊さんたちがお経を唱えてました。
やっぱりここはお寺さんと思った瞬間でした。

さて、買ってきたものは・・・

P1100378

まず、洛北フレンチが売り切れだった「ブルージュ洛北」のパン。

P1100387

ふわふわとうふのドーナツ・・・だったかな!?
本当にふわふわだけど・・・う~ん、これで¥600以上はちょっとお高い!?

P1100383

マフィン塩キャラメルと黒豆抹茶各¥200。
さっきちびにぃにが食べてたけど、ちょこっとつまんでみたらこれもとってもふんわり。これはおいしかったです。

P1100385

フルーツカンパーニュ¥140

P1100386

むっちりしてなかなかおいしそうです。

P1100374

ついついおいしそうで買ってしまった「ラミデュパン」のくるみソフト¥350。

P1100375

クルミの量がちょっと少ないけどソフトフランス系。

P1100365

多肉植物の寄せ植え 幅8cmほどの小さな寄せ植え¥780。
お店の人が、今日は雨だと思ったのでいつもより¥100安く値札をつけてしまったけど付け替えるのが面倒だったので、今月はお得だって言ってました。

P1100367

小さい中にいろんな種類がギュッとつまってて、うさぎのワイヤーもかわいいでしょ

P1100395

そしてコラージュに使えそうなクラフトパーツもかわいいものをみつけました。

百万遍さん手づくり市はとても楽しかったです


百万遍さん手づくり市
毎月十五日
8:00~16:00
知恩寺          地図
・京都駅より 市バス(206)、(17)、百万遍下車
・四条河原町より市バス(201)、(31)、(17)、(3)、百万遍下車
・出町柳駅より
徒歩約10分

このあとの京都はまだまだつづく・・・

cool_mama at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月10日

京都文化博物館

今日はなんとも慌しい1日でした。

実は京都文化博物館で開催されている特別展の前売りを買っていたので観に行きたいと思っていたんですが、とある事情(?)から、ちびにぃにもこの京都文化博物館は行っておいた方がよいのではないかなんて思い、誘ってました。
なかなかタイミングが合わず、今日ならということで急きょ行くことになりました。

ちびにぃには2限目があるというので地下鉄烏丸御池でお昼に待ち合わせ。とりあえずランチをしてから行きました。

P1080753

1時頃、文化博物館に着きました。

P1080744

ところが私が見ようと思っていた特別展が大人気。チケット売り場はすごい人、ちびの分のチケットはなかったのでこちらはあきらめて総合展示室を見ることにしました。

P1080750

総合展示室は2Fが入口になるのでチケットも2Fで購入します。大人¥500、大学生¥400、高校生以下無料です。

P1080751

特別展と違ってこちらはすっきりしたものです。
ほとんど誰もいない・・・さみしい限り・・・。
2階の総合展示室は京都の歴史や文化を紹介しており、テーマ別に3つのゾーンに分かれ一定期間で入れ替えをしているようです。
また3階のフィルムシアターで映画を観ることもできます。これは京都府が所蔵する名作ということですが・・・今日のはちょっとって感じでしたが・・・古い名作といわれる映画もするようなので趣味があえばかなりお得です。

また1階はミュージアムショップやろうじ店舗が入っています。

P1080754

ろうじ店舗というのは江戸時代の京の町家の街並みを再現したところで、カフェや京都の工芸品のお店があったりします。ここにあった「鳥彌三あざみ」で親子丼を食べるのを楽しみにしてたんだけど、去年の12月に閉店してしまいました。残念!

京都文化博物館別館が隣にありますが、ここは旧日本銀行京都支店だった建物です。

P1080743

京都文化博物館建設の際、当初のように修理復元し、今は国指定重要文化財に指定されています。

P1080745

ここは銀行当時のカウンターになります。

P1080749

柱も吹き抜けの天井も細工が施されとてもきれいです。

P1080769

昔はこの建物の中でお金の出し入れが繰り広げられていたんですね。

金庫室は喫茶室になっています。

京都文化博物館
京都市中京区三条高倉
075-222-0888
総合展示 10:00~19:30(入場19:00まで)
特別展示 10:00~18:00(入場17:30まで)
休館日 月曜日 12/28~1/3



この旧日本銀行京都支店がある三条通界隈はレトロな建物の宝庫です。

P1080742

同じ一角にある中京郵便局も明治に建てられた近代建築で、ここは外壁を残して中だけ建築するという方法で残されているそうです。

P1080770

三条烏丸にあるみずほ銀行のこの建物は、解体したのち外観だけもとの近代建築を再現したものだそうです。

京都はお寺だけでなくこうした近代建築も多く残っているので見たい建物がたくさんあります。



そうだ・・・今日、特別展を見れなかったので近いうちにまた行かなければ


cool_mama at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年12月05日

八坂神社

     ・・・先日の京都の続きです!

ランチのあと、みんなが四条方面で買いたいものがあるというので、まずは八坂さんまで移動しました。今回のメンバーは7人。タクシーを利用した方がピンポイントで移動ができ距離もたいしたことないので 一人あたりバス代くらいですむので便利です。

せっかくなので少し観光

P1070143

ここは紅葉の名所ってわけではないけど、紅葉してるもみじも少しありました

P1070144

ここは鮮やかな紅葉を撮っておかないとね~

P1070146



P1070147

縁結びの神様
ここの絵馬はハート型です

P1070148

さぁ、八坂さんでみんな何をお願いしたのでしょうか?
本当にこの日はいいお天気に恵まれました

八坂神社のまわりにはたくさんの社があります。
その中で・・・

P1070152

美御前社(うつくしごぜんしゃ)
美のパワースポットなんですって~

P1070151

湧水の「美容水」  
少量を肌につけると肌も心も美しくなるのです
みんなで美しくなったところで先へと進みます。

P1070153

ぐるりとまわって、ここと思うところにお賽銭を入れて願掛け!

そしてお買い物へと行ったのでした



cool_mama at 22:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年11月07日

京都府立陶板名画の庭と植物園

今日は京都の北山にある京都府立陶板名画の庭と植物園に行きました。

P1060558

まずは初めて行く「陶板名画の庭」から。
ここは名画をそのまま忠実に再現した陶板画を安藤忠雄設計の施設に展示している屋外で鑑賞できる世界で初めての絵画庭園だそうです。

P1060560

まずは入口から中をみたところ。
両側に水がはられている長い石畳の屋外の廊下。
この左側・・・

P1060559

水の中にモネの「水連・朝」が展示されてます。

P1060562

その先の壁面には有名な鳥獣人物戯画が縦横2倍の大きさでずず~と続きます。

P1060566

そして左手にミケランジェロの「最後の審判」。ほぼ原寸大で1990年当時を再現しているそうです。

ここの建物が回廊でめぐるようになってるので、この「最後の審判」は上から、真ん中から、下から見れるようになっています。

P1060564

近くで観るとなかなか怖い絵です。

P1060570

建築物の壁面に陶板画がかけられ水が流れているという不思議な空間です。

P1060571

「最期の晩餐」
この下にも水が流れその先は水が流れ落ちている・・・

P1060572

あまり人がいなかったのでゆっくりみれました・・・て、この時間は小雨が降ってましたから

P1060579

ルノワールの「テラスにて」と

P1060580

ゴッホの「糸杉と星の道」はガラス越しに観るようになってます。

展示作品は全部で8点と少ないけど、「最後の審判」のような大物だったり屋外の施設でないと観れない演出だったりするので1度は訪れるべき場所だと思います。
この芸術の秋にどうでしょう。
入園券は単独で¥100。植物園との共通券で¥250という破格の安さです。



そして、お昼を食べてからとなりの植物園のばらを見に行きました。

P1060615

中は結構広いんです。

P1060602

去年の秋もバラを観に来たんでした。

でも、今年は雨やら台風やら多かったせいか・・・バラはほとんど終わってました。

DSC_3021

なんとか残っていたきれいなバラ。オレンジ系も好き。

P1060607

大好きなマチルダも開ききって傷ついてるのばかりだけど、その中からきれいなものを・・・

DSC_3016

今はコスモスが満開。晴れてきたので蝶々がたくさん飛んでました。真ん中あたりにとまってるんだけど、見えるかしら?

P1060612

もみじの紅葉はまだまだ・・・。

P1060609

ひとつだけ赤くなってるのがあったけど・・・なんでしょ?これは?

P1060611

ここは植物園なのですみからすみまでちゃんとみたい・・・ノコンギクがあじさいの根元に咲いてました。

春は桜がきれいだろうし、バラも見に来たい・・・年間パスが¥1000なんですって。5回来たら元はとれるけど・・・遠くて無理です。

cool_mama at 23:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード