ドゥリムトン

2016年07月04日

レストラン「ポントオーク」@ドゥリムトン(亀岡のイギリス)

さて、昨日久しぶりに家族でお出かけをした近場のイギリスは・・・亀岡にあります。

私は、4回目の訪問ですが、みんなは初めて。
とはいっても、パパはここのお向かいにある関西カントリークラブには、何回か来たことがあると言ってました。うちから行くと、ゴルフ場は手前にあるので、こんなところにイギリス村があるとは、知らなかったそうです

今年の1月に行って以来ですが、その時新たに何かを作るので、しばらくお休みすると言っていたのを思い出しました。ここドゥリムトンは、宿泊できるB&Bができたり、今までにも成長してきています。
今回はどんなものが増えたのか楽しみにしていました。

DSC_1339

駐車場から見たところですが、ゲートのあたりに建物が増えました。右側の建物はBarと書いてありました。
一番左側の黒くみえるところ。こちらが以前解放されていたゲートです。

DSC_8059

この門扉が解放されていたゲート。つまり、上の写真の黒く見えるところです。

意識して、同じ場所から写真をとっていないので、わかりづらいのですが、まったく違っています。以前はだれでも、ドゥリムトンの敷地に入ることができましたが、今はBarの左側にあるレストランのキャッシャーレセプションを通過しないと、中に入ることはできません。

DSC_1327

こちらの扉が入口です。

もともとドゥリムトンは、レストランとB&Bですから、利用者のみがその敷地内に入るシステムでよいわけです。上手に考えましたね。
ただ、入口あたりから池にかけての眺めは少し悪くなったような気はいたしますが・・・

さて、こちらから中に入ると、イギリスチックな小物がおいてあるショップにもなっています。以前レストランの横に合ったショップがこちらに移って、ショップだったところはテーブル席になっていました。

そして、こちらで、メニューを見て注文します。

DSC_1341

パスタも復活してましたし、リゾットやサンドイッチなど、以前よりメニューは充実してるように思います。

DSC_1342

飲み物は紅茶を中心にビールなどもあります。

DSC_1336

この建物がレストランのキャッシャーレセプションをドゥリムトンの内側から見たところです。

DSC_1332

中に入って右手にはテラス席があり、その後ろ側が鴨がいる池になってます。こちらの席はワンちゃんOKです

DSC_1333

この2棟の小さな建物も、レストランのお席になってるようでした。

DSC_1334

アンティークショップもありました。

DSC_1330

さて、こちらがレストラン「ポントオーク」です。
なぜか4回ともいつも1階席。タイミングの問題ですね。私たちのあとに来た方は2階席になりました。ほかのエリアの席にも座ってみたいな・・・。

おなかがいっぱいだったので、こちらではカフェ利用。
ひとつだけ、ジンジャーパウンドケーキのセットにして、みんなで分けました。
紅茶はホットだとポットサービスです。私は「マスカットティー」はとてもさわやかでした。
ねぇねは「フレッシュアップルティー」。
ちびは「英国のジンジャエール」にしましたが、かなりショウガがきつかったようです。でも、それとは別に「辛口のジンジャエール」があるので、そちらはどれほど辛いのでしょうか・・・。
パパは「ローズソーダ」を選んでましたが、見た目にも下からピンクとイエローの層になってきれいでした、とてもおいしかったと言ってました。

ドゥリムトンでは、以前から外での写真撮影はOKですが、店内の写真はNGです。
それでも今までは、お料理の写真に関しては大丈夫だったのに・・・今回はNGでした。今までは黙認してくれてたのかしら?食事をしてるところの記念写真も撮ってくれたのに・・・ちょっとがっかりです・・・。

それでも、やっぱりこのイギリスの片田舎の風景は魅力的。
いい季節になったら、ちゅちゅたんを連れて、テラス席でお茶をしたいと思います。

関連ランキング:紅茶専門店 | 亀岡



cool_mama at 20:31|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年01月06日

亀岡のイギリス「ドゥリムトン」

今月は天王寺でのトールペイントのセミナーがお休みだから、そのかわりにどこかへランチしに行こうということになりました。
それなら、ちょっと遠出するのもよいのでは・・・てことで、亀岡のイギリス村ドゥリムトンへ。

遠出といっても、うちからは結構近いんですけど・・・。みんなからは、遠いです。

DSC_8059

さてさて、いつものことながら、日本ではないような・・・素敵な空間が存在してます。

DSC_8060

イギリスの田舎の風景

DSC_8061

洗濯ものが干してあったりして、ドゥリムトン村の生活感をだしてます。

DSC_8089

あら?
去年の冬に来た時は2頭だった羊が、4頭に増えてました。

DSC_8063

ササッと見て回ったあと、ポントオークレストランに入りました。
11時を少し回ったくらいでしたが、2組の先客がいました。レストランの外には誰もいないし、冬の風景から閑散とした感じで、誰もいないと思って入ったので、ちょっとびっくり。でも、そう思ったのは私だけでなく、みんなも先客がいてびっくりしったって言ってました。
やはり、人気なんですね~。

DSC_8068

座った席の窓にかわいい三毛猫ちゃんがしばらくくつろいでました。

DSC_8069

さて、今日は何にしましょうと、メニューを見ると・・・、「本日お休みです」のランチが多過ぎです

で、私たちは、本日のワンプレートランチにポットティー+デザート付のSweet ランチ¥1500(税別)にしました。

DSC_8071

本日のランチメニューはキッシュです。
(前回も同じものを選んだのですが、その時のランチメニューはミートパイでした)

DSC_8074

ベーコンのキッシュでしたが・・・パイがふにゃふにゃで全然焦げ目がなくて、電子レンジで作ったのかなぁ?!という声もありました。
まぁ、食事はイマイチと事前に話してたのでいいんです。とにかく、ドゥリムトンはロケーションを楽しむところですから

DSC_8072

水菜とレタスのサラダにフライドポテトたっぷり~!

DSC_8075

バゲットのガーリックトーストは、熱かったら絶対おいしいと思うんですけどね。

DSC_8078

紅茶はポットサービスです。

DSC_8070

サンプルの茶葉の香りから選べます。

DSC_8080

私はマスカット。おいしい~

DSC_8076

右側の男の人の入れ物にはミルクが入ってます。
でも、マスカットにはあわないよね~。ちょっと残念!

DSC_8082

デザートはジンジャーケーキとアイスクリームでした。
ショウガがかなりきいてる個性的なケーキです。

平日なのにお客さんは結構多くて、2階席も使ってました。
次回は2階へ行ってみたいです。


ここへ来るのは3回目ですが、一度もトイレへ行ったことがなくて、今日は行くぞ!と決めてました。きっとかわいいに決まってますから~。

1階にひとつありますが、使用中だったので、もう一つのトイレへ。

DSC_8083

一旦外へ出て階段をおります。

DSC_8084

中に入るとまるでお部屋。アンティークのワンピースやチェストがありました。
やっぱり見に来てよかった~

レストランに併設の雑貨屋さんで、またウォーカーのショートブレッドを購入しました。

DSC_8065

平日は閉まってるアンティークショップも、声をかけたら気持ちよく開けてくれます。
ハルちゃんの大好きなアンティークレースもあったけど、素敵なのはやっぱり見るだけ価格でした。

DSC_8090

冬のドゥリムトンは緑がなくて枯れた庭だけど、そんな中に小さな赤いローズヒップがあったりしていい感じ

今度はこのバラが咲いてるときに行きたいと思います。




関連ランキング:紅茶専門店 | 亀岡



cool_mama at 21:44|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2015年10月18日

DREAMTON VILLAGE ドゥリムトン村

さて、先日の大人の遠足の続きです。

2番目の目的地「DREAMTON VILLAGE」。

DSC_6386

入口からイギリスの田舎町の風景に、みんなのテンションがあがります。

DSC_6388

私が以前来た時は、12月で冬の風景でしたが、今回はまだまだ緑が生い茂っているので、森の中の小さな村みたいな感じです。

DSC_6408

ドゥリムトン村にあるレストラン「ポントオーク」でランチにしました。
(すぐそばにある玉子かけご飯のお店がお休みでしたら・・・)

12時頃到着しましたが、2階席もあるようだし、雑貨屋さんの奥にもカフェコーナーができていたので、まだ十分に席はありました。

ただ、この日はプチランチコースができないということでしたし、以前あったパスタもメニューから消えてました。

そこで、本日のランチ(ワンプレートにデザート、ドリンク付き)¥1500(税抜)にしました。

DSC_6391

お~!なんとも外国のお料理チック。フィッシュアンドチップスのお友達・・・て感じです。

DSC_6395

日本では、シンプルなお豆だけがこんなに山盛りにされることは、まずないでしょ
でも、このお豆が結構おいしかったです。
あ、私が豆好きなだけかもしれませんけどね・・・。
ポテトは普通においしいです。

DSC_6396

ただ、このミートパイの真ん中の上側・・・ちょっと焼きが足りない感じで、せっかくのパイなのに層も何もないお団子状態でした。

DSC_6397

ガーリックトーストは焼き立てだったらもっとおいしかったのに残念!

DSC_6390

ドリンクは13種類の紅茶の中から、サンプルの香りで決めることができます。

DSC_6399

ポットサービスは3杯分くらいあります。

DSC_6404

私はアールグレイクラシックをチョイスしました。
みんなが選んだマスカットやカリビアンなども、少しづつ味見をしました。

DSC_6400

デザートはジンジャーケーキと自家製アイスクリーム。
このジンジャーケーキがなかなか生姜がきいて、辛目の大人な味でした。そして、ミルク感たっぷりのアイスクリームがマイルドで、おいしいデザートでした。

私たちがレストランを出るころには、2階席もお客さんが入ってましたし、待ってる方たちもいました。
外にはテラス席もあるので、そちらで食事されてる方もいて、平日というのに大盛況でした。

その後、のどかな風景を楽しみました。

DSC_6411

池には鴨がいましたが、羊さんの姿は見えず・・・あの小屋の中にいたのかしら~。

DSC_6419

小さな小屋の前には無造作にステンドグラスが置かれてました。これから建物を増やす時に使うのかしら~。

DSC_6420

以前来た時に、レストランの西側にこんな階段あったかしら~。

DSC_6422

この馬車は、イギリスで買い付けて来たのかしら~。
かしらかしら・・・と、いろんな思いが頭をよぎるのでした。

DSC_6423

こんなかわいらしい風景をまた楽しみに来たいな~と思いつつ・・・

1444908390554

家路へとつきました。



DREAMTON(ドゥリムトン)
京都府亀岡市西別院町柚原水汲12   地図
0771-27-3004
ポントオークティールーム・レストラン
月~木  11:00~19:00(L.O17:30)
金土日祝 10:30~20:00(L.O19:00)
不定休


cool_mama at 21:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月03日

DREAMTON(ドゥリムトン)

京都の亀岡にかわいいイギリス村があると聞いて、ハートの花の樹会で行ってきました。

新御堂筋の終点から箕面有料道路へ入れるのですが、その有料道路を出てから一本道(423号線)で「ドゥリムトン」へ到着します。有料道路の入り口から30分かからないので、思いのほか近くてびっくりです。

といっても、行きはかなり早めに出て、ドゥリムトン村の5分ほど手前にある玉子かけご飯で有名な「弁天の里」へ寄りました。その時のことはまたの改めて・・・。

では、「ドゥリムトン」へ到着。

DSC_0083

423号線を北上して関西カントリークラブを過ぎると、左手奥にかわいい建物が見えてくるのですぐにわかります。この看板の右側が一つ目のゲートです。

DSC_0182

わかりやすいようにドゥリムトンの地図を写真に撮ってみました。

DSC_0084

ここを入るとイギリスです
ただし、オーナーのマリーさんがよくブログに書いてますが、「ここはイギリスのテーマパークではなく、レストランです。そのレストランにアンティークショップなどがついてると思ってください」とのことです。時々勘違いして、テーマパークのようなイギリス村だと思ってくる人がいるようです。

DSC_0087

入ってすぐの建物はウェディングレセプションです。
ここでは二人からのセレモニーも受け付けてるそうです

DSC_0088

その奥にはカルチャーコテージ、お教室のためのレンタルスペースです。ここで出張トールペイント教室しようかしら・・・いや、無理無理~

DSC_0091

さて、二つ目のゲートを入りま~す

DSC_0092

右側に池があってのどかな風景です。
写真左側に写っているピンクのテーブルクロスのテラス席は、ワンコもOK!寒がりのちゅちゅたんには、今は無理だけど、気候のいい時に連れてきたいな・・・

DSC_0093

すご~い、イギリスの田舎みたいな感じです。行ったことないですけど・・・。

DSC_0094

ポントオークティールーム・レストラン
右側の手前にちょっと出ているところが雑貨店になっていました。

DSC_0098

建物も窓もかわいい

DSC_0097

入れない部分の部屋のライトもついてたりして~

DSC_0106

この棟は右側がアンティークショップで左側がケーキショップ。
今日はケーキショップは閉まっていて、レストランで買えるとのこと、確かにレストランに入るとすぐにケーキのケースがありました。
右側のアンティークショップは閉まっていたけど、スタッフにに声をかけたら開けてくれるというので、お願いしました。
建物の中は写真を撮れないのが、残念。とってもかわいくてとってもお高いアンティーク雑貨がありました

DSC_0114

このレストランの建物は坂道に建ってるので、雑貨屋さんの部分の下の階があり、「こんなところにもお部屋が・・・?」て、思わず口にしたら、そこはスタッフの寮になっているとか・・・。へ~!

DSC_0101

こんな小さな建物もいくつか・・・中には、かわいいお洋服とかが見えました。

さてさて、レストラン「ポントオーク」でランチにしましょう

BlogPaint

予約していたので、席は用意されてました。

DSC_0121DSC_0120

平日限定のワンプレートランチ¥900もありましたが、前菜にパンがついてるようなランチと聞いていたので、プチランチコース¥2500にしました。税抜価格です。

DSC_0124DSC_0123

もちろんイギリス村ですから、フィッシュ&チップス¥1900もあるし、パスタなどもあります。

DSC_0126

メニューと一緒に紅茶の茶葉も持って来てくれたのだけど、私たちが選んだプチランチコースはカップティーでセイロンティと決まっていたので紅茶は選べませんでした。

DSC_0132

カトラリーをセットして、置いていったナプキンがきれいなパンジーのペーパーナプキンだったので、みんな使わずに持って帰るってしまってました。さすが、コラージュもする方々です

DSC_0133

まずは前菜2種、フィットチーネとキッシュ。
チーズがきいて玉子がふんわり系のキッシュがおいしかったです。

DSC_0134

サラダはゴマドレに黒胡椒かけたらおいしいって初めて知りました!

DSC_0135

大き目カットのガーリックバゲット。

DSC_0141

トマトが濃厚なスープ

DSC_0143

メインはシチュー仕立てなんでしょうね、スプーンもセットされてました。

DSC_0149

ホロホロになるほど、じっくりと煮込まれてました。

DSC_0151

パンのおかわりができました。オリーブオイルもしみてておいしかったし、単品では¥200のパンなのでラッキー

DSC_0156

紅茶と紅茶のロールケーキ。
デザートも満足なランチでした。
口コミでは、ランチが今一つみたいに言ってるものが多かったので心配だったんだけど、今回はおいしく楽しくいただきました。

DSC_0131

座った席のすぐ横もレースのランプシェードや、窓のカーテン、キャンドル型のライトなど、どの小物もかわいかったです。

DSC_0128

途中からしばらく、ほぼ貸切状態だったので、店内の様子をちょっと撮らせていただきました。

DSC_0161

季節柄、植物は今一つの状態だけど、バラが少しさいていたり、アイビーやイングリッシュガーデンによくある下草類が使われていて、春が楽しみなお庭です。

12[1]

池のほとりには羊が2頭いて、アンティークショップのカギを開けてくれたスタッフさんによくなついてました。女の子の羊がメインちゃん〔右)で、男の子がサブキャラなのでサーブくん。うさぎもいたりして、やっぱりイギリスの片田舎って感じです。

そういえば、オーナーのマリーさんは、今イギリスへ買い付けに行ってるそうです。来年になったらまた、アンティークが入荷するそうです。

私たちがいたところから見えない山の向こう側にB&B~宿泊施設とチャペルがあるんですが、そちらへは宿泊者しか入れません。たまにイベントなどで入れる機会もあるようです。


コストコへ行くより近いくらいなのに、ちょっとした旅行気分を味わえて、楽しいところでした。
大阪市内からでも1時間あれば行ける小さな小さなイギリスです。

DREAMTON(ドゥリムトン)
京都府亀岡市西別院町柚原水汲12   地図
0771-27-3004
ポントオークティールーム・レストラン
月~木  11:00~19:00(L.O17:30)
金土日祝 10:30~20:00(L.O19:00)
不定休











cool_mama at 23:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード