映画大好き

2015年08月11日

「BORUTO NARUTO THE MOVIE」を観てしまった!

昨日映画のレイトショーを観に行ってきました。

最近、パパがなぜかレイトショー(映画)に目覚めて、「ミッション:インポッシブルのレイトショー、あのゆったりした席でとっておいてね」て~。

まあ、お盆休みですからね。そして、シネマポイントカード会員は、エグゼクティブシート(¥2500)が通常料金。私たちは夫婦50割で安くなるので、¥1100でゆったりエグゼクティブシートにすわれます。どうも、それがとても気に入ったみたいです。

で、ゆうべの9:25~の「ミッション・・・」を観るつもりで行ったわけです。

いやいやいやいやいやいやいやいや・・・・超びっくり

DSC_5437

なんと上映シアターの入り口にボルトのポスター。
これを観た瞬間に「やっちゃった~!」と悟りました。
「パパ~、ごめんね~間違えちゃったみたい・・・・」

間違えなければ絶対に観なかった映画です・・・

でかにぃにが高校生の頃ナルトの大ファンで、アニメをずっと見てました(そういえばうちに漫画もあるし~)。
私は、その頃一緒にテレビを見ていたので、だいたい(←だいたいね)ナルトの話はわかりますが、パパは全然知らないの、ほんとごめんね~。


「ボルト ナルト ザ ムービー」は、七代目火影(ほかげ)うずまきナルトの子どもボルトを中心に、親子の思い、修行、戦いが繰り広げられます。

私はナルトの一時期しか知らないけれど、その頃登場していたキャラによく似た子どもたちが次々登場して、懐かしく観ることができました。

でかにぃにが好きだったヒナタはナルト結婚してたんだね~。

そうそう、なかなか立派な冊子をもらいました。

DSC_5438

普通のコミックスの3分の1くらいの厚さの物です。

DSC_5442

登場人物の紹介や、

DSC_5439

カラーページの短編など。
入場者特典としては、かなりいいものなのではないでしょうか。1冊でかにぃににあげました。

私は結構おもしろかったし、パパもそれほど悪くはなかったと言ってくれましたが・・・
それにしても、これからは気をつけないと~



cool_mama at 20:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年07月25日

ターミネーター:新起動/ジェニシス

「ターミネーター:新起動/ジェニシス」を観てきました。

あまり評判がよくないように聞いていたんですが・・・。

DSC_5284

私は、とってもおもしろかったです

ジョン・コナーが母サラを守るため、カイル・リースを1984年に送り込むのは一緒。
そこでサラにも会えるけれど・・・
う~ん、何を言ってもネタバレになってしまいそうです。

T-1000型ターミネーターが「2」と同じで警官なんだけど、それがイ・ビョンホンがやってるとは知りませんでした。彼のイメージと言えば優しい笑顔なんだけど、ニコリともせず、バンバン撃たれてのけぞってはまた復活するクールなターミネーターも妙にはまっていました。

「え、いいの?」て思う展開もあり、タイムパラドックスは、考えない!と突き進む今回の『ターミネーター』を応援したいと思います。
エンドロールの中ほどで、続編があることを思わせる映像が流れるのだけど、実は今回のを1作目として3部作で考えてるっていうのは本当でしょうか?

そして、今回のジョン・コナーの斜めからの顔が、時々中村獅童に見えていたのは私だけ?


    今日のおまけ

DSC_5290

そうそう、真夏の日差しになったので、今日は今年初めてのかき氷をしました。

DSC_5286

こんなパウチのシロップが出てるんですね。
自家製の練乳もかけてます。
ブルーベリーソースをかけてもおいしいので、コストコで買ってきた冷凍ブルーベリーで早く作らないとね



cool_mama at 20:43|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2015年07月20日

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」

なんと映画を観るのは2月以来。安い時に行こうと思うと、なぜか用事が入ったり、具合の悪い子がいたり・・・なかなかタイミングが合わなくて~。

夏休みに入って、映画もいろいろ始まったけど、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」が、ものすごく面白いという噂を聞き、パパも観るというので昨日一緒に行ってきました。
すでに1か月上映してるので、もう18時台と21時台しかありません。そこで人生初のレイトショー。おそくまで観ても、私が車を運転するわけではないので安心です

今回の作品は、マッドマックスの4作目にあたるそうで、これって、主人公のマックス役は変わったけど、1作目から続いてるものということなんでしょうか?マッドマックスを観るのは初めてなのでよくわかりません。

でも、始まりの説明だけで、過去を及び時代背景を理解しろってことはやはり続きなんでしょうねぇ・・・敵のボスキャラは同じ人がやってるそうだし・・・。

DSC_5201

砂漠を改造車で走るマックスは、この土地を支配する集団にとらわれる。そんな中、女性戦士フェリオサが仲間との逃亡を企て、そのフェリオサを追う車に輸血袋としてマックスはくくりつけられる。そして二人は共闘して新天地をめざすことになるが・・・。

てことで、なんで、輸血が必要なのかよくわからない・・・あちこちによくわからないことはあるけれど、あまり気にするのはやめにしましょ。

全編とおして、ほとんどが戦闘シーンの上、スピード感が半端ないです!
これは好き嫌いが分かれる映画だと思います。
グロいシーンは目をつむってやりすごせば、かなり面白かったです。

シャーリーズ・セロン演じるフェリオサがとってもかっこよくて、全身白いニュークスのやさしい顔が忘れられません。
続きをまた作るのかしら?



cool_mama at 20:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年02月13日

「チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密」

今日は朝から映画を観てきました。

ジョニー・デップの「チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密」。

DSC_2033

最近映画を観てなかったこともあって、この映画の予告編はみてないし、なんの予備知識もなくジョニー・デップが出てるというだけで観に行きました。

この映画ってコメディだったんですね、てコメディに入れたら叱られるかしら?

大きなお屋敷に住んでいるのに多額の税金を納められないインチキ(?)美術商のチャーリー・モルデカイ。彼は、修復中に盗まれたゴヤの名画を捜すことを、学生時代の友人である警部補に頼まれる。いつのまにか、闇の美術商や大富豪、ロシアンマフィアなどに狙われることになり、そこにモルデカイが愛する美しい奥様が加わって・・・・・最後は一件落着!みたいなお話。

ジョニー・デップさま、しゃべり方や歩き方がジャック・スパロウとかぶりますよ~!

そして、召使い(?)のジョックが、あまりにも誠実で・・・かわいいんだか、かわいそうなんだか・・・(笑)
それがまた、あのダビンチコードのシラス役だからギャップがありすぎです。


cool_mama at 20:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年02月10日

「ST赤と白の捜査ファイル」

ひさしぶりに映画を観ました。

DSC_1977

ちびが観たいといっていた「ST赤と白の捜査ファイル」。
ドラマを二人で見てたのだけど、最終回で、いきなり赤城さん(藤原竜也)が逮捕されて終わりだったんです。これって気になるでしょ・・・。

というわけで、策略にのせられ観に行ってきました。
でも、ドラマを見てなくても問題ないです。

囚人の脱獄を企てたハッカーの鏑木(ユースケサンタマリア)を殺したとして、赤城が逮捕される。その後脱走した赤城を、解散した警視庁科学捜査班(ST)のメンバー4人が追い、赤城を信じるキャップ百合根(岡田将生)も独自に追う。個性が強すぎて以前は孤独だった才能を持つSTのメンバーたちが、仲間のために奔走する。

随所に笑いが盛り込まれ、脇を固める渡部篤郎もいい味だしてます。
気軽に観る映画としてありかな


cool_mama at 19:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年11月05日

「美女と野獣」を観てきました!

今日は水曜、映画のレディースデイです。

「まほろ駅前狂騒曲」を観ようと思っていたら、なんともう午後からしかやってません。う~ん・・・う~ん・・・。

ということで、本日は「美女と野獣」を観てきました。

DSC_5921

映画が始まるまで、ディズニー映画の実写版だとばかり思っていたら、あれ~、ディズニーじゃないし、フランス語しゃべってるし~。

今回の「美女と野獣」は原作をもとにしたものだそうです。
魔法により野獣の姿にされた王子が、ベルの真実の愛により人間の姿にもどるという流れは、みんが知ってる通りですが・・・。

過去の悲しい物語で、野獣にされたわけを知り納得。

母親が子供たちに本を読み聞かせる形で物語が進行するのが、ちょっと鬱陶しく感じることもあったのだけど・・・これも納得。

二人が惹かれあう要素が少し希薄な感じのため、ベルの気持ちは愛情ではなく悲しい過去を知った同情か・・・なんて気がしなくもなかったんですが・・・やだやだ、これって純粋な気持ちを失ったおばさん的発想かもしれません

ベルも、衣装も、映像も、とてもきれいでした
面白かったです


     ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


109シネマズ箕面へ行ったときは、駐車場の時間が許す限り、雑貨屋さんや100均のセリアへ寄ってきます。

DSC_5924

みのおキューズモール内は、こんな休憩コーナーがあちこちにあったりして、なかなかおしゃれなところです。

今日はセリアでコラージュ用のレースを買ってきました。

P1120433

このレースのバラが、縁取りに使うととてもかわいいのですが、特に右側3袋の少し小さ目のバラはやっと入荷しました。
これはずっと前からセリアで扱ってるのだけど、セリアでは見かけないかわいいピンク色も追加して、最近ダイソーが売り出してるらしいです。

金属のチャームもセリアで販売してたのが、パワーアップしてダイソーで出たりして、100均業界も競争が激化してるんですね。

cool_mama at 20:48|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2014年10月22日

「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」

ものすごく久しぶりに映画を観てきました。

DSC_5832

「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」

この映画は実話に基づくフィクションということだから、全てが真実のように思ってしまうのはいけませんね。
ただ、民間から、ましてや外国から嫁いだグレース・ケリーが、単純なシンデレラだったはずはなく、この映画の公妃のように思い悩み、自分の道を模索したことだけは確かなこと。

そして、主演のニコール・キッドマンはやはり美しかった

cool_mama at 19:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年07月11日

アンジェリーナ・ジョリーの「マレフィセント」

「マレフィセント」を観てきました。
おもしろかったです。

マレフィセント

「眠れる森の美女」で呪いをかける魔女マレフィセントを物語のずっと前から描いています。ディズニーの「眠れる森の美女」の大ファンにはもしかしたら受け入れがたいこともあるかも。私がよく原作を読んでから映画を観ると作者の趣旨が曲げられてるように思ったりするのと同じ。
見た目など、ディズニーアニメのマレフィセントとよく似てるけど・・・物語は別物と思ってください。
初恋、裏切り、呪い、これ以上言うとネタバレになるので、書いたけどやっぱり削除!マレフィセントのちょっとした表情が素敵です
オーロラ姫もかわいい~
大好きな作品です。

でも、昔から思っていたことがひとつ。
オーロラ姫は16歳になる誕生日に糸車の針が刺さって永遠の眠りにつくという呪いをかけられるんです!それならその日だけを気を付けるべき。かわいい娘を手放して森で育てるのは変です。
すみません


    ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


映画の前にあべのキューズモールのABCクラフトへ行きました。
goziちゃんがスマホアレンジコンテストで優秀賞に輝きました
すご~い、おめでとうございま~す
やったね。

cool_mama at 23:12|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2014年07月02日

「トランセンデンス」

ジョニー・デップ主演の「トランセンデンス」を観てきました。

DSC_5161

人工知能PINNの開発を進めるウィンはテロ組織に撃たれるも一命をとりとめた。それも束の間、銃弾により被ばくしていたため1か月余りの命ということを知る。その間に妻エヴリンとマックスは協力してウィンの頭脳をPINNにアップロードすることに成功する。そしてエヴリンは田舎町の地下に巨大施設を作り、ウィンはインターネットを通じて世界中と繋がり、情報を得て人類を超越した力を持つ。
その「超越」を科学者もテロ組織の人間も畏れ、協力して立ち向かう。
立ち向かうってことは悪者はPINNと融合したウィン?ウィンは人間だった時のウィンではないの・・・?

なんかね~、はじめの方がよくわからなかったんです・・・。
もしかしたら、この話って本当は悪者って存在しないんじゃないかと思います。
おもしろさは・・・普通でした。

DSC_5163

そうそう、今日はこ~んなゆったりエグゼクティブシートで見ました。幅も前後もゆったり、その上リクライニングシートです。109箕面では7月18日まで「トランセンデンス」のエグゼクティブシートが通常料金です。
私はブルーカード会員なのでいつでもエグゼクティブシートは通常価格なんだけど・・・・。そのエグゼクティブシートが劇場によってはどうも前過ぎるので今まで座ったことがなかったんだけど・・・。やっぱりすわり心地はとてもよかったです

cool_mama at 21:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月13日

「X-MEN フィーチャー&パスト」

「X-MEN フィーチャー&パスト」を観てきました。
X-MENシリーズのウルヴァリンのスピンオフを除くと5作目ですね。
「X-MEN:ファイナルディシジョン」の後の時代から、ずっと前にあたる「X-MEN:ファーストジェネレーション」のあとの時代へとさかのぼって両方を描いてる作品です。

DSC_5029

2023年、センチネルというロボットにミュータントが攻撃され滅亡寸前だった。その攻撃はミュータントだけでなくミュータントを生む人間、ミュータントを擁護する人間をも攻撃対象になっていた。
そこでミュータントのリーダーのプロフェッサーとマグニートーは協力してその発端となったミスティークが起こした暗殺事件を防ぐべく、ウルヴァリンの魂を1973年に送り込む。
そこで若い頃の自分たちに協力をしてもらうようにウルヴァリンに指示するが・・・その若き日の自分たちのことが不安でもあるのだ。はたしてこの使命を達成することができるのか・・・?!

て、できない映画なんてないでしょ。どんなことがあってどのようにして防ぐのか?てことです。
そしてロボットに攻撃されていた時代の彼らの戦いとその後。
おもしろかったけど、「X-MEN:ファーストジェネレーション」を復習してからいけばよかったかなって思いました。知らないなら知らないで楽しめるけど、中途半端な知識がもやもやを生みます

そして、エンドロール後の映像は続編を作るってことかしら。
最後まで観てください。


cool_mama at 21:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード