旅行

2012年03月11日

九州3日目 肥薩線ローカル列車①

九州旅行記がまだ残ってました。つづき・・・

3日目となりました。

P2191476

朝からしっかり食べて出かけましょう。この目玉焼きの焼き加減Good!

P2191477

出発が9:20とゆっくりだったので、食事後部屋でまったり~。
ちびにぃにがいたら絶対温泉にはいるだろうな・・・。私はパス!


P2191479

薄日もさしてたけど、かなり雪も降ってて寒かった~

P2191482

まずは塩浸(しおひたし)温泉龍馬公園

BlogPaint

ここには龍馬たちが入った温泉、大地、空間があるそうです。資料館もあります(入らなかったけどね)。龍馬たちが利用した源泉の日帰り温泉や無料の足湯もあります。

P2191485

やった足湯の横で温泉たまご発見。

P2191486

ねぇねも私も温泉たまご食べたかったんです。

P2191487P2191488

P2191489

あれ、こんなはずじゃなかったのに・・・。
かたゆでたまごでした。こんなもん?

気を取り直して、この日のメイン、鉄道へとシフトしましょう。

P2191492P2191494

まずは嘉例川駅を見学です。駅へ行こうとしたところちょうど電車がきました。

P2191505

築100年を超える木造駅舎。

P2191503

どこもかしこも古いです。

P2191499

ホームへも自由に出入りができます。

P2191501

駅事務所があったところにはおひな様がかざられてました。

また、「100年旅物語かれい川」という駅弁が土日限定で販売されますが、ちょうど日曜日だったためおじさんが売りに来てました。今全国№1人気だとか・・・。知ってたらお弁当を注文しないでこちらにしたのに~。でも、予約販売が多く、実際に買える数はすくないとか・・・。それで、添乗員さんもこのお弁当については事前に何もいわなかったのかもしれません。

P2191504

手前にもられてるのが、鹿児島では有名らしい「ガネ」。

P2191506

さつまいもを中心にお野菜を揚げたものです。これで¥100はちょっと高いかも?!

集合時間の5分後くらいに特急「はやとの風」がくるというので、出発を遅らせてくれました。

P2191507

P2191508

みんな写真を撮ってました。おじさん、大きいカメラ持ってますねぇ。

P2191510

一度鉄道を離れて焼酎工場へ。

P2191511

「隼人の涙」をしこんでます。

P2191512

ここでは丁寧に焼酎の話をしてくれました。
ここはもともと焼酎を作るための麹を卸している会社だそうで、こうして焼酎を作ってはいるけどその焼酎をお店に置くことはできないそうです。直接販売する分だけ。

P2191513P2191515

また、この会社の人は自顕流(じげんりゅう)を極めているそうでその素振りを見せてくれました。
一般に知られているのはこの漢字の→示現流で、これは上流武士のためのもので、ここで見せてくれた自顕流は下級武士のもの。そのため刀を持てず、丸太(特別な重い種類の木だけど、忘れた)でひたすらうちつけるそうです。
ねぇねがiPhonの動画に撮ってうけまくりでした

P2191516

焼酎の試飲はいろいろ出てました。私はノンアルコールの紫芋のサイダーを。

P2191519

黒豚のウインナーもおいしかったな~。

そうそう、麹を作ってる会社ということでもしやと思ったらありました。

P2191626

今話題の塩麹。これほしかったんです。ちょうどよかったわ~

これから肥薩線に乗るため高速に入り、一旦北上して人吉駅まで行きます。

P2191523

高速からこれから乗る肥薩線の鉄橋が見えました。
今までは鹿児島県でしたが、ほんの少し宮崎県を通って熊本県へと入ります。

人吉駅に早めに着いたため、予定にはなかった国宝「青井阿蘇神社」をみることができました。

P2191526

P2191528

楼門 門ですから真ん中を通りぬけて境内へと入れます。

P2191529

拝殿 こちらも門も茅葺屋根です。

P2191532

りっぱなご神木。

P2191535

となりにある人吉温泉物産館  足湯もありました。

P2191533

わ~い、わ~い、くまもんだぁ~   熊本県だもんね~。

P2191534

これ、レジの女の子がくまもんのフードをかぶってお仕事してたので、写真を撮らせてもらいました。
やっぱり、ゆるキャラ見るとなんだかテンションあがるわ~^^

P2191538

人吉駅でもう少し電車を待ちます。

BlogPaint

アニメ「夏目友人帳」のキャラを持って・・・。

P2191543

駅前のからくり時計が1時に動いたのを見てからホームへと移動しました。
では、肥薩線ローカル列車の旅が始まります。



cool_mama at 20:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

肥薩線ローカル列車②

P2191544

肥薩線いさぶろう3号に乗って出発です。

P2191546

中は向かい合わせの4人がけボックスとカウンターがちょっと。

P2191548

人吉駅の名物駅弁「栗飯」

P2191549

結構大きな栗がのってます。そういえば向かいの席と隣のボックスに乗り合わせたおばさま6人グループが電車が動く前からお弁当開けて食べ始めようとしたら・・・4人分、栗がひとつものってなくて、添乗員さんがあわてて電話して持ってきてもらったんだけど・・・出発ぎりぎりセーフ。添乗員さんもこんなこと初めてって驚いてたわ~!

P2191551

一緒に食べようと思って人吉物産館で買っておいたざる豆腐。

P2191553

おいしいそう
朝買った温泉たまごの塩があるのでそれで十分!
栗弁当はご飯の部分が多くてねぇねはご飯をほとんど食べないのでお豆腐買っておいて正解でした。

P2191557

大畑(おこば)駅到着。
いさぶろう号は観光列車なのでガイドさん(キャビンアテンダント?)がいろいろ説明してくれて、各駅では7分程度停車して駅を見学したり、おみやげ品を購入したりできます。

BlogPaint

記念写真も撮りました。

P2191560

地元の人が作ったらっきょうゲット。¥100よ!

山登りの列車なのでスイッチバックをしたり、ループ線になったりします。

BlogPaint

ループ線上からさっき停まった大畑駅が小さく見えました。

P2191571

肥薩線最高地点海抜536.9mの「矢岳(やたけ)駅」。

P2191566

SL展示館を見ることができます。

P2191567

P2191568

P2191569P2191570

矢岳駅を出て矢岳第一トンネルを抜けると列車は一時停車します。

P2191573

これが日本三大車窓のひとつで遠くえびの高原の裏にそびえる韓国岳などをのぞむことができます。

P2191577

一時停車の場所にはこんな看板も。
とにかくお天気がよかったのですばらしい風景を見ることができました。これが雨でも降ろうものならただの山の中を走る列車になってしまうそうですから・・・。

BlogPaint

「真幸(まさき)駅」には幸せの鐘があります。

P2191580

地ゆでたまご(地鶏のたまご)発見。温泉玉子はひとつ¥100だったけど、ここのゆでたまごは3個¥100。

P2191581

そうこうするうちに吉松駅到着。
ローカル列車の旅は終了です。

ここで待っていたバスに乗り込み高速で博多を目指します。この日の博多はかなりの積雪だったようで、高速は通行止めになっていました。添乗員さんは博多への別ルートをひそかに模索したりして、かなり気をもんだようです。3時頃には解除になったのですべて予定通り、その上雪の影響があったため日曜にもかかわらず逆に車が少なくラッキーだったくらいです。

高速の中でのおやつは・・・

P2191589

吉松駅に隣接する観光SL会館で購入したとろける湧水プリン。
左がノーマルでコーヒーに入れるフレッシュつき、右がカロリーオフタイプ(フレッシュなし)。

P2191590

P2191591

やわらかくてなめらかでおいしかったけど、このふたつの味の違いはよくわかりませんでした^^;

博多へ到着してから1時間ほどのおみやげ購入タイムがあり、ここで夕飯を食べてから新幹線に乗るのもOK!
博多ラーメンが食べたいな!とも思ったのだけど、お店がよくわからないので夕飯は新幹線の中にしようと博多駅を散策しました。

P2191598

おぉ、太っ腹な試食。ここは「やまや」です。

P2191600

ご飯をよそってもらい、明太子を試食できます。
食べたら絶対買っちゃいますよね~。

そして、お弁当は手っ取り早くコンビニで・・・。

P2191604

九州産豚しゃぶパスタサラダ」だって。

P2191607

1/2日分野菜サラダ

P2191609

青じそドレッシングをかけて。

P2191608

ねぇねはとろろそば

P2191615

昼間買った地卵のゆでたまごも~。(どんだけ玉子好きなのか

P2191623

デザートも~。

P2191620

コーヒーも抜かりなく・・・。

楽しくおいしく過ごした3日間でした。
連れてってくれたねぇねありがとう
送り出してくれたみんなありがとう

また、よろしくお願いします



cool_mama at 20:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年02月24日

九州2日目 知覧~桜島~霧島温泉

2日目は風が強くて雪が舞う中、バスに乗って8時に出発しました。
・・・南国にきたはずなのにな・・・。

P2181365

あ、その前に朝食はバイキングでしっかり食べてきました。ゆでたまごがあったの、やった~!

P2181369

まずはじめに向かったのは知覧特攻平和会館です。1時間では見終わらないほどで、もう少し時間がほしいという人もいるようですが、私はこういうところはパス!悲しいものをあえてみようとは思いません・・・バスの中のガイドさんの話だけで十分です

まわりを散策しましたが、中に展示されてた本物のかなり悲惨な特攻機はガラス張りなので外からでも見えました。

P2181371

外には映画「ホタル」で使われた模型飛行機が展示されています。

若者がここから沖縄へ向かい、特攻隊員として敵へ出陣したなんて悲しいことです。

P2181373

バスの中から特攻の母と呼ばれた鳥濱トメさんの「富屋食堂」を撮りました。

次は薩摩の小京都とよばれる知覧の武家屋敷です。

P2181374

スコーンときれいな道の両側に石垣と生垣で屋敷が区切られています。なんでこんなにすっきりしてるのかと思ったら、側溝も電信柱もないからですね。

P2181378

佐多直忠邸 門の先には屏風岩と呼ばれる目隠しと防衛をかねた石のついたてが備えられてます。

P2181384

佐多民子邸 この門の内側は急な登りになってます。

P2181377

このあたりの庭はほとんどが枯山水で、参勤交代の時、江戸で学んできたものを再現したらしいです。

BlogPaint

森重堅邸 ・・・寒かった~!

P2181380

ただひとつ水がはられてる庭園です。

P2181382

ここでは熱いお茶がふるまわれてうれしかった~。

P2181386

二ツ家  知覧独特で二つの棟の間に小棟を置いてるそうです。

P2181388

ここで桜島小みかんを購入。これでも大きい方みたい。甘くておいしい一口サイズのみかんです。

P2181399

さぁ、次は楽しみにしていたかるかん工場。

P2181391

確かにベルトコンベアーで白いものが流れてたんだけど・・・。
そこのとこはあっという間に通り過ぎ、説明もしていたんだけど、ほとんど聞きとれず・・・

P2181394

出てきたところは完璧おみやげ屋さんです。

P2181395

さつまあげも作ってるみたいなんだけど、この日のさつま揚げ側は稼働してなかったし・・・試食はちっちゃなころころさつまあげだけ・・・悲しい~!

みなさん、かるかんをいっぱい買ってたけれど、工場だからって安いわけではないし、試食に一つづつ配られるかしらと思っていたのにそれもないし・・・いろんな種類はあったけど、やっぱり最後の夜にホテルで買おうと誓ったのでした。

P2181402

いよいよ鹿児島港からフェリーで桜島へ渡ります。

P2181400

いすが鎖でつながってます。

P2181404

正面に桜島が見えてますね~。15分ほどで到着します。
また、昼間は10~15分に1本、夜は1時間に1本で24時間動いてるそうです。便利ですね。

到着してすぐに桜島レストハウスでお昼ご飯です。
事前に希望者のみ申し込むのでくわ焼き定食とかんぱち定食を一つづつ頼んでおきました。

P2181405

まずはくわ焼き定食
なんでくわ焼きっていうのかと思ったらくわのかたちの鉄板です。

P2181409

豚肉おいしかったです。

P2181410

かつおのたたき・・・ちょっとだけ。

P2181412

おそば・・・こういう麺類がついてるのってうれしいんだな~。
ほかにお漬物や小みかんがついてました。

P2181406

かんぱち定食

P2181411

かんぱちのお刺身

P2181413

かんぱちのしゃぶしゃぶ

P2181415

結構いけてます。
くわ焼きもしゃぶしゃぶもアツアツでたべれるからおいしいのかな?

P2181417P2181418

駐車場にでたら猫ちゃんがすりすりしてきました。駐車場に積もった火山灰の上ですりすりくるんくるんするのできたなくなっちゃって・・・悪顔でそれでも愛想を振りまいたのに何もくれないのでそのうちプイッといなくなりました。

P2181425

あれ、ここは安い!

すぐそばの「溶岩なぎさ公園足湯」へ。もちろん無料です。

P2181429

全長約100mもあるんですって~。

P2181432

遊歩道もあるらしいんだけど、結構寒かったので桜島ビジターセンターへ。ちょこっと入って火山活動について勉強した気持ちになってみました。

ここを出てからは今度は地続きの大隅半島側へ向かいます。

P2181435

桜島の川は通常水が流れてないそうです。そして、大雨が降った時だけ、大量の土砂と一緒に水が流れるんですって~。

P2181442

大隅半島とつながってるあたりの入り江。

P2181444

噴火してる桜島。
バスに乗っていても風景を見てたら飽きないです。

P2181446

霧島神宮へ到着。そういえばお天気がとてもよくなってました。

P2181449

ここはアマテラスオオミカミの孫のニニギノミコトが祀られてるそうで、ガイドさんがいろいろ説明してくれました。
日本の神話の重要スポットのひとつです。

P2181451

また、ここは坂本竜馬とお龍さんが新婚旅行で訪れた場所です。
鹿児島はほんとにたくさん温泉があるので傷をいやすにはピッタリだったんでしょうね。

P2181453

2日目の観光はおしまい。
山をぐんぐん上がって宿へと向かいます。

cool_mama at 15:35|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2泊目 霧島いわさきホテル

霧島は温泉郷でいくつかの温泉からなっています。宿へ向かう時、山の下から小さな温泉地を経由しながら上って行きます。

P2181454

途中にある丸尾滝。めずらしい温泉の滝です。

P2181455

道の両側のあちこちから湯けむりが上っています。前日の塩泉と違ってこちらは硫黄泉なので、硫黄のにおいがします。

P2181459

霧島いわさきホテル到着。

BlogPaint

こちらはちょっと古めかな~。

P2181457

でも、お部屋からのながめは抜群。

P2181458

うっすら桜島も見えました。

あかるいうちに温泉に入って、あたたまったところで夕飯へ。

P2181462

「黒豚しゃぶしゃぶ付き和会席」です。

P2181467

メインの黒豚しゃぶしゃぶ
P2181470

しゃぶしゃぶさせて、おいしい~

P2181464

やわらかい豚の角煮
鹿児島は豚肉の消費量がすごく高いんだろうな・・・なんて思いつつ。

P2181463

えびちゃん

P2181465

お刺身

P2181466

ごまどうふ、もずく酢、わさび漬けとかんぱちの和え物

P2181469

茶碗蒸し

P2181473

なめこと豆腐のお味噌汁

P2181468

お漬物

P2181471

デザート

すべておいしくいただきました。あ、ウソ!
もずく酢はちょっと苦手なのでねぇねにあげました。
ごちそうさま~

夕食のあと、せっかくなのでもう一度温泉に入りました。
露天風呂に入ってると星がきれいに見えるのに、こまか~い雪がいっぱい降ってました。若い頃長野へスキーに行って露天風呂に入った時もこんな風に雪が降ってたな~なんて思いだし、でも、ここは鹿児島だよ・・・なんて一人心の中でつっこみを入れたのでした。

この霧島いわさきホテルには「緑渓湯苑(りょくけいとうえん)」という渓流沿いの露天風呂があり、夜は宿泊者のみ8:00~23:00の間¥500で入れます。この露天風呂は坂本竜馬とお龍さんも入ったと言われています。昨年の大河ドラマのロケが行われ、今では福山雅治が入ったということで人気があるようです。ま、これはさておき、渓流沿いの露天風呂で、浴衣を着て入れるというのが魅力で入りたかったのだけど・・・前日の砂むし温泉で浴衣で露天風呂から出た時の寒さ冷たさを思ったら・・・無理無理~!と思い断念しました。残念

その後、おみやげを買うため館内をうろうろしていいものみつけました。

P2181474

白くまアイスってお中元のカタログにも載るくらい有名だからたべておかなくちゃて言ったら、ねぇねにコンビニにもおいてるよ~!と言われてしまいました。・・・そうなのか・・・・・・メーカーもいろいろあるらしい・・・

P2181475

でも、ここで食べるからいいのよ~!ということで
かき氷に練乳が混ざってる状態なのでザクザクくずれて、とけてなくてもすくって食べれます。これは結構甘いです。
鹿児島ではかき氷のことを一般的に白くまっていうみたいです。

さぁ、これで思い残すことなく眠れます。

では、3日目へとまたつづく



cool_mama at 15:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年02月23日

九州旅行1日目

先週17日から二泊三日で行った九州旅行、早く書かなきゃ忘れちゃうわぁ

今回の旅行は、ねぇねが連れてってくれて(金銭的に)行き先は私の好きなところでいいけど、計画は一切たてないよ!というのが条件でした。
う~ん・・・やっぱりツアーに申し込むのが一番だよね。というわけで読売旅行の「陽光の南九州 指宿・霧島と九州鉄道100年物語3日間」に決めました。

まず7時50分に新大阪へ集合。
早い~なんて思っていたら、パパがたまたまその日は遅くてOKというので、車で送ってもらっちゃいました。幸先いいわ~

早めについて出席の確認をしたら最終集合時間には間があったのでドトールでカフェタイム。

DSC_0299

いやん!こぼして~。でも、こんなにふうにあふれるほどの楽しい旅だったんですwww。

まずは新幹線で博多まで。そこで九州新幹線に乗り換えます。

P2171252

お約束の新幹線でのおやつはハートインで購入した「絹ごしプリンシェイク」。なめらかでカラメルがからまり、ところどころにスポンジがギュッと入ってて思った以上においしかったわ~

P2171255

ねぇねはコンビニでおやついらないっていうから買わなかったら、おもむろにかばんからコストコの韓国のりを取り出しました。母、びっくり~w(゚o゚)w オオー!

P2171259P2171260

徳山あたりの工場地帯。最近工場見学や写真集の人気があるのがわかるような複雑な工場です。

P2171264

さぁ、博多で向かい側ホームの九州新幹線さくらに乗り換えです。この時博多は雪が降ってました。博多は日本海気候だから寒いって子どもの頃習いましたからね~。

P2171266

両側2列シートでぜいたくな座席です。肘置きも木製だったりして~。

新大阪から博多まで2時間半弱、博多から鹿児島中央まで1時間40分ほど。乗り換え時間をを入れても4時間15分くらいで着くんですね。すご~い!

P2171268

鹿児島着が12:43なので、「さくら」の車内でお弁当です。

DSC_0301

鹿児島中央駅に到着したら観光バスが待ってました。これから3日間同じバスで移動です。駅をでたところで写真を撮ろうとしたら、添乗員さんに「みんな行っちゃいますよ」と注意され、ねぇねに「目につくようなことしないでよ!」と叱られました。え~!そんな遅れを取ったわけでもないのに・・・みんなにおこられるの~

P2171323

車中から異人館を眺めながら磯庭園の「仙厳園(せんがんえん)」へ向かいました。ここは島津家別邸だったところです。

P2171285

正門の瓦には島津家の丸十紋が見えます。

P2171276

ここは桜島を築山に、錦江湾を池に見立てた借景庭園ということで壮大ですね~。

P2171280

桜島から噴煙があがりました。

BlogPaint

手前の建物が島津家の暮らしを垣間見れる御殿。
後ろの山の「ここ」の矢印部分を拡大すると・・・

P2171278

岩に「千尋厳」と彫ってあります。27代島津斉興が延べ3900人を使って3カ月で完成させたんですって・・・。磯山の杉や竹で足場を組んだらしいけど・・・かなり・・高いよ~!

P2171281

ここではおととしの大河ドラマ「篤姫」のロケも行われたようであちこちにこんな看板が立ってました。

また、この園内には薩摩切子館があり、素敵なグラスが展示されてました。でも、結構お高い~。

P2171282

薩摩切子のいろんな器でおひな様をイメージ。こういうの好き

そして、売店で名物「両棒餅(ぢゃんぼもち)」を食べました ^^

P2171287

両棒(ぢゃんぼ)って鹿児島弁で武士の大小の刀のことなんだって。

BlogPaint

やわらかくてみたらしと味噌だれの2種類。ねぇねったら大口をあけて食べてるけど、もともとみたらしだんごとか好きじゃなくて、もういいって~。私が5本食べたんでした。おいしかったよ

P2171293

仙厳園となりの尚古集成館(しょうこしゅうせいかん)。
島津斉彬が集成館事業(造船、製鉄、紡績、ガラスほかいろいろな事業)を始め、ここは機械工場だったところを博物館にしています。仙厳園もそうだったけど、庭木が南国してる~。

P2171294

この二つの施設に挟まれるようにある鶴嶺神社(つるがねじんじゃ)。
島津家歴代当主と家族が祀られてるけど、16代島津義久の娘亀寿姫(じめさぁ)が美人で心優しい人だったことから、お参りすると身も心も美しい女性になれるんだって~~~。はずせないぞ

P2171296

途中のバスの中から撮った西郷どん。さすが鹿児島、旅行中に西郷どんの像をいくつも見かけました。この西郷どんの頭の上に鳥がとまってるの。写真を大きくするとちょっとわかるんで~す。

次に行ったのは屋久杉工房。今はもうとれない屋久杉を加工して置き物やおはし、大きいものでは茶ダンスのようなものまで売ってました。

P2171303

この屋久杉でできた小さな樽に焼酎を入れておくとまろやかになっておいしいらしい。その飲み比べができたのだけど・・・やっぱり私にはわかりましぇ~ん!どちらも一口飲んで・・・ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー

P2171305

おみやげに頂いた屋久杉の削ったもの(カンナくず←添乗員さんが言ったのよ)。靴に入れたら消臭効果もあるんだって。パパの靴に使ってみよ!

次は長崎鼻へ向かいます。

P2171310

1月に「いぶすき菜の花マラソン」が行われるという道を菜の花に囲まれながらバスは進みます。正面に見えるのは薩摩富士こと開聞岳(かいもんだけ)です。

P2171316

薩摩半島最南端の長崎鼻。

P2171318

長崎鼻から見る開聞岳、てっぺんはやっぱり雲の中。
日も差してるけど、小雨もパラついて風が強くて寒い~。あれ?私たち南国陽光の旅に来てるんじゃなかったかしら・・・?寒いのは福岡って学んだはずでしょ・・・?

P2171317

これ、Tonaちゃん教えてもらった「天使のはしご」。
い~っぱい天使が降りてきそう~!

長崎鼻は浦島太郎伝説発祥の地と言われてるそうなので・・・

P2171321

乙姫様を祀った竜宮神社があります。この辺の海には夏、ウミガメが産卵に来るので浦島太郎伝説があるのかしらね。

さぁ、とりあえずバスでの観光1日目はここまで。
あとは指宿いわさきホテルにむかいま~す。



cool_mama at 19:44|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

1泊目 指宿いわさきホテル

P2181366

1日目のお宿は「指宿いわさきホテル」。
この日は浦和レッズのメンバーが泊まってたらしいです。

P2171324

かなり大きなホテルのようで・・・迷子になるといけないのであまり関係ない場所への探検はひかえた方がよいとガイドさんに言われました。

P2171327

まずは眺めのよいお部屋でちょっとくつろいでから・・・

P2171329

楽しみにしていた砂むし温泉へ行きました。このホテルの中に砂むし温泉がありま~す。

BlogPaint

カメラを持ちこめないので記念写真撮ってもらいました。
「おぉ、体重のかかるところが熱くなる~」。まず腰のあたりが熱くなり、ちょっとおしりを浮かせようとすると肩とかかとが熱くなる・・・ もっとゆっくり横になれるのかなと思っていたけど・・・そうでもなかったりして・・・ でも、温かい砂の重みはとても気持ちよかったです。

ゆかたのまま寝てるのだけど、砂の中からでたらそのまま露天風呂へ入ってだいたい砂を落とします。その後シャワーを浴びて浴衣を着替えて出るのだけど、この日はとにかく寒かったんです。露天風呂からシャワーへ行くのにぬれた浴衣がものすごく冷たくなってへばりつき、寒すぎでした。でも、寒い寒い寒いと思った割には落ち着いてみるとからだがあたたまってるからなんだか不思議な感じ~。

さぁ~、この後はお食事で~す

P2171333

バイキングですから好きなものを好きなだけ。

P2171335

海鮮と黒豚ちゃんが多かったかしら。

P2171337

一応デザートもね。

P2171340

ローストビーフが結構おいしかったな。

P2171342

このあたりかつおも獲れるんだよね。

P2171344

燻製の魚介類もおいしかった~

P2171346

ウインナーもやっぱり黒豚。アボカドとカニのサラダが超Good!

P2171347

やっぱりさつまあげも食べなきゃ・・・と取ってみたけど、それほどじゃなかったかも

P2171345P2171349

スープも飲んだけど、やっぱりお味噌汁と白いご飯はかかせない。

P2171352

黒豚のしゃぶしゃぶはその場で作ってくれておいしかったな~。

P2171355

ね!

P2171357

一応果物中心。コーヒー飲みたかったけど、眠れなくなるので紅茶。紅茶や緑茶もカフェイン入ってるのになんでコーヒーだけダメなんだろう?不思議~

これで終わりだと思ったでしょ。私もそのつもりだったのに・・・。

P2171360

ソフトクリームをみつけて食べてしまった・・・どれだけ食べるの~

いやいや初日から食べ過ぎって~わかっていたことではありますが・・・。この後大きなお風呂に入り、露天風呂にも入りよ~く温まったのでした。カロリー消費できたかな?

P2171362

大浴場へ行く通路。海底か宇宙空間か・・・そんなイメージの通路は長く遠すぎ。大きすぎるホテルもどうかと思った瞬間でした。
ちなみにここ指宿温泉は塩泉(えんせん)だそうです。

P2171364

家事から解放されて、観光して、おいしいもの食べて・・・しあわせ

2日目へつづく

cool_mama at 19:42|PermalinkComments(2)TrackBack(0)
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード