京都で食事&カフェ

2016年03月24日

Cafe&Meal MUJI @ 京都バル

京都市美術館で開催中のルノワール展のチケットを、河原町のチケットショップで安く手に入れたあと、先に京都バルに寄りました。

DSC_9469

こちらは11時オープンだったんですね。
10時55分につきましたが、まだ閉まっていました。

とてもおしゃれな店内ですが、お洋服関連はスルーして・・・4Fのザコンランショップへ。
ここはおしゃれなインテリアやグリーン、雑貨など、見てるだけでも楽しいショップです。

そして、同じく4Fにある「Cafe&Meal MUJI」で、早目のランチを取りました。

BlogPaint

ショーケースからおかずを選んで組み合わせる「選べるデリ」は、おかずの数とほかの組み合わせで金額が設定されています。

DSC_9472

まずは、席札で席を確保してから注文して、支払いをします。

DSC_9474

中はかなり広くて、思った以上に席数がたくさんありました。

DSC_9475

大きなテーブルもあります。

では、注文入口へ。
私たちはデリ3品とご飯、お味噌汁またはスープ、ドリンクのセット¥1050に決めました。
このデリ3品の場合、HOTが1品でColdが2品です。このColdの一品をプラス¥40でHotにすることができるそうなので、変更しました。

DSC_9479

Hotメニューの中から二つ。

DSC_9480

サラダや和え物を中心としたColdから一つ選びました。

DSC_9478

デザートも数種類ありましたが、今回はパスです。

DSC_9487

白米かパン、プラス¥100で十穀米も選べます。
支払いを済ませたら、自分で席まで持って行くセルフです。飲み物を食後にしたい時は、レシートに印をつけてくれるので、ほしいタイミングでそのレシートを持参します。

DSC_9492

これが、デリ3品+お味噌汁+白米(+あとでコーヒー)+変更料金¥40のしめて¥1090の私チョイスです。日本の昔ながらのご飯という感じです。
少し寂しげに見えますが、おかずは小鉢にギュッとはいってるので、見た目よりも量はありました。

DSC_9497

鯵のばっけ味噌焼きふき煮添え
とっても久しぶりにふきを食べました。

DSC_9496

雑穀と茶美豚のグラタン仕立て
お豆や押麦などたくさんの雑穀が入ってて、豚もやわらかかったです。

DSC_9495

干し野菜と焙煎麦のエスニックサラダ
切り干し大根がいい歯ごたえで、むぎもプチプチして、まさにかみしめるサラダです。パクチーがはいってるので、選んだ時に大丈夫か聞かれました。

DSC_9494

白米は大盛りにも小盛にもできますが、私は普通で。ただ、お茶碗のそこがこんもり丸いので、量は結構多めだと思います。

DSC_9493

お味噌汁は具が沈んで見えないけれど、お豆腐とわかめがそれなりに入ってました。

DSC_9490

ゆきちゃんは、パンとスープを選んでました。パンがおいしそう!

DSC_9498

コーヒーは少し大き目カップです。

お店に入ったときは、店内の写真が撮れるほどに人がいなかったのですが、出るときには入口近くの席をのぞいて、ほぼ満席。なかなか人気があるのですね。


関連ランキング:カフェ | 河原町駅三条駅祇園四条駅



京都バルへ来るのは2回目なのですが、前回来た時に感動したのがトイレの豪華さです。

DSC_9499

まず、手前の入り口と二つ目の入り口の間の部屋には、左手にソファがおいてあります。

DSC_9501

2つ目の入り口を入ると、右側に手を洗うところ、この左側が仕切られて、お化粧直しをするスペース。この写真奥の観葉植物の左にちらりとみえるのがまたまたソファ。・・・で、その左奥にやっとトイレがあります。

ここがトイレというよりお部屋に見えるのは、床が木製だからかもしれません。そして、空間があまりにもゆったりして、窓が大きくて明るいからですね。
あまり外でトイレを使うことがないtyutyutanですが、このトイレだけは、また来たくなってしまうくらい素敵です。




cool_mama at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年03月01日

「ルイジアナ・ママ」京都八幡店でランチバイキング

今週は何かと用事があるかと思い、友達との予定を一切入れてなかったのだけど、今日の予定は何もなし!
そんなところへ、枚方方面へのお誘いを受けました。

1日完璧フリーですから、ご一緒させていただきま~す。

ということで、まずは枚方のABCクラフトへ。天王寺のABCクラフトと、また違った品揃えがあるので、ここでしか買えないお高い(笑)絵の具を購入
またまたいろいろ作らないとね~!

お昼は少し移動して、「ルイジアナ・ママ」京都八幡店へ行きました。
京都八幡店て・・・いつのまにか京都府に突入してました。

DSC_9014

なんだかかわいいレストラン。お店の右側にある駐車場から小道がのびています。

DSC_9020

正面に回ってみたら、なんとミモザの木が満開です。

DSC_9018

こんなに大きなミモザが満開になってるところを初めて見ました。これを見ることができただけでも得した気分です

DSC_9023

パスタランチやピザランチ、2名からのお料理ランチなど、たくさんのランチセットがあり、どのランチセットにも、サラダバーとフリードリンク+スープがつきます。

DSC_9025

私たちは3名用のパーティーランチ 一人当たり¥1620(税抜)にしました。
サラダバー、メイン料理(4種からひとつ)、ピザ1種、パスタ1種、フリードリンクのセットです。ドルチェ3種盛を¥315(税抜)でつけることができますが、このあとの予定もあるので、デザートはパスしました。

DSC_9029

サラダバーといっても、イカスミのパエリアやパンもあります。

DSC_9031

彩りのよい野菜を使ったものがいっぱい。

DSC_9028

ドリンクもなかなか充実しています。

DSC_9030

私たちはつけなかったけど、ドルチェもおいしそうなものがたくさん並んでます。こちらのお店は14:30~16:30までドルチェバイキングをしているので、次回はぜひともドルチェバイキングに来たいと、みんなで話したくらいおいしそうでした。

DSC_9032

ではまずはサラダの1皿目。
真っ赤なトマトやお豆のトマト煮。オクラの和え物も、ほんの少しにんにく風味のいんげんの炒め物もおいしかったです。

DSC_9038

4種のメイン料理の中から選んだチーズフォンデューが登場。

DSC_9035

粗びきのウインナーとブロッコリー、トーストしてあるバゲットにつけます。
少々難を言うなら、3人用なのにどれも3で割り切れない数であること。3の倍数でそろえましょ。

DSC_9040

このホカホカの湯気・・・とろ~りチーズを絡ませて食べたら、おいしい~。

DSC_9044

続けてWチーズのピザが登場。こちらは6枚に切り分けられてました
チーズフォンデューのチーズとは違ったもっちりとしたチーズがたっぷりのったピザでした。

DSC_9046

サラダ―バー2皿目。
ワカサギのマリネはレモンの酸味で、お酢が苦手な私もOK!
キャベツとしらすの和え物もGood!
味付けが少し濃いめではあったけど、どれもおいしくいtだきました。

DSC_9048

チーズフォンデューのチーズが少し残ってしまったので、サラダバーのジャガイモや野菜にのせてみました。

DSC_9047

飲み物は、始めはウーロン茶で、ピンクグレープフルーツ、アップルジュースと飲みました。というのも、なかなか最後のパスタが来なかったからです。はじめは、メイン料理、ピザと続けてきたので、わざと間隔をあけてるのかな~?!なんて思ったのだけど、それにしてもあきすぎ・・・。どうも、忘れられていたようです。ま、そんなこともありますよね。

DSC_9051

で、やっときためんたいことツナオニオン。
本場博多の明太子使用だそうです

DSC_9052

玉ねぎが甘くて、ほどよいめんたいこ感です。

DSC_9053

最後にカフェラテを飲んで締めくくりました。

いろんなものが食べられて、満足度が高いランチセットでした。3人で行く人にはおすすめです。

うちからは遠くて、次回があるかわからないけれど、やっぱり次回があるなら、ドルチェバイキングかな~


関連ランキング:イタリアン | 樟葉駅八幡市駅橋本駅



cool_mama at 23:13|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年01月06日

亀岡のイギリス「ドゥリムトン」

今月は天王寺でのトールペイントのセミナーがお休みだから、そのかわりにどこかへランチしに行こうということになりました。
それなら、ちょっと遠出するのもよいのでは・・・てことで、亀岡のイギリス村ドゥリムトンへ。

遠出といっても、うちからは結構近いんですけど・・・。みんなからは、遠いです。

DSC_8059

さてさて、いつものことながら、日本ではないような・・・素敵な空間が存在してます。

DSC_8060

イギリスの田舎の風景

DSC_8061

洗濯ものが干してあったりして、ドゥリムトン村の生活感をだしてます。

DSC_8089

あら?
去年の冬に来た時は2頭だった羊が、4頭に増えてました。

DSC_8063

ササッと見て回ったあと、ポントオークレストランに入りました。
11時を少し回ったくらいでしたが、2組の先客がいました。レストランの外には誰もいないし、冬の風景から閑散とした感じで、誰もいないと思って入ったので、ちょっとびっくり。でも、そう思ったのは私だけでなく、みんなも先客がいてびっくりしったって言ってました。
やはり、人気なんですね~。

DSC_8068

座った席の窓にかわいい三毛猫ちゃんがしばらくくつろいでました。

DSC_8069

さて、今日は何にしましょうと、メニューを見ると・・・、「本日お休みです」のランチが多過ぎです

で、私たちは、本日のワンプレートランチにポットティー+デザート付のSweet ランチ¥1500(税別)にしました。

DSC_8071

本日のランチメニューはキッシュです。
(前回も同じものを選んだのですが、その時のランチメニューはミートパイでした)

DSC_8074

ベーコンのキッシュでしたが・・・パイがふにゃふにゃで全然焦げ目がなくて、電子レンジで作ったのかなぁ?!という声もありました。
まぁ、食事はイマイチと事前に話してたのでいいんです。とにかく、ドゥリムトンはロケーションを楽しむところですから

DSC_8072

水菜とレタスのサラダにフライドポテトたっぷり~!

DSC_8075

バゲットのガーリックトーストは、熱かったら絶対おいしいと思うんですけどね。

DSC_8078

紅茶はポットサービスです。

DSC_8070

サンプルの茶葉の香りから選べます。

DSC_8080

私はマスカット。おいしい~

DSC_8076

右側の男の人の入れ物にはミルクが入ってます。
でも、マスカットにはあわないよね~。ちょっと残念!

DSC_8082

デザートはジンジャーケーキとアイスクリームでした。
ショウガがかなりきいてる個性的なケーキです。

平日なのにお客さんは結構多くて、2階席も使ってました。
次回は2階へ行ってみたいです。


ここへ来るのは3回目ですが、一度もトイレへ行ったことがなくて、今日は行くぞ!と決めてました。きっとかわいいに決まってますから~。

1階にひとつありますが、使用中だったので、もう一つのトイレへ。

DSC_8083

一旦外へ出て階段をおります。

DSC_8084

中に入るとまるでお部屋。アンティークのワンピースやチェストがありました。
やっぱり見に来てよかった~

レストランに併設の雑貨屋さんで、またウォーカーのショートブレッドを購入しました。

DSC_8065

平日は閉まってるアンティークショップも、声をかけたら気持ちよく開けてくれます。
ハルちゃんの大好きなアンティークレースもあったけど、素敵なのはやっぱり見るだけ価格でした。

DSC_8090

冬のドゥリムトンは緑がなくて枯れた庭だけど、そんな中に小さな赤いローズヒップがあったりしていい感じ

今度はこのバラが咲いてるときに行きたいと思います。




関連ランキング:紅茶専門店 | 亀岡



cool_mama at 21:44|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2015年11月23日

京都御苑近くの「甘楽 花子」

先日の京都の続きです。

DSC_7226

「六盛スフレカフェコーナー茶庭」を出てから、ちょっと京都らしいところを歩こうか、ということで鴨川を渡り、東へ向かいました。

DSC_7231

京都御苑はきれいに整備されてます。

DSC_7228

でも、紅葉してる木がすくないです。中にはほっとさせてくれるような紅葉もありますが、半分ぐらい色づいたものや、緑のままのものまであります。と思えば、イチョウなどはかなり散ってるのもあります。

DSC_7232

一応写真にはきれいなものを選んでみました
今年は暖かい日が続き、昼間と夜の寒暖の差がないので、きれいな紅葉にならないようです。
あまり色づかずに枯れていくという悲惨な紅葉になりつつあります・・・残念!


さて、京都御苑の南東角の交差点の近くにある生菓子専門のお店「甘楽花子(かんらくはなご)」は私の行きたかったお店の一つです。

DSC_7235

季節ごとに作られる和菓子のネーミングがすばらしいと、日頃から思っているのですが、このお店のネーミングもとても素敵  店名も来たいと思った理由の一つです。

DSC_7236

お店に入ると右側のショーケースに和菓子の見本があります。

DSC_7237

左側はイートインのスペースになっていて、その奥で店主さんがお仕事していました。

DSC_7238

こちらでは季節の生菓子とお茶のセットを¥775でいただけるので、時間とおなかに余裕があれば一服していきたいところですが、もうこの日は3軒のお店を渡り歩いていますから・・・

DSC_7239

おとなしく買って帰ることにいたしました。

DSC_7240

4個買うことにしたら、スペースがひとつ余っています。
お店でこの状態を見て、「あら、ひとつあまってるなら、もう一つ買った方がいいかしら?」といったら、「ご進物用ならともかく、ご自宅用なら必要な数だけで、よろしいですよ」とのお言葉。
それまで、寡黙な職人さんという感じでしたが、寡黙なというよりシャイで実直な職人さんというちょっとかわいらしい(見た目は結構なお年ですが・・・)印象になりました。

DSC_7249

いてふ
まさに今の季節で、イチョウの形そのもの。求肥の皮に中は粒あんです。

DSC_7252

錦木きんとん
これも紅葉!中は粒あんで上品な甘さです。

DSC_7254

栗きんとん山里
ちびがパクパクっと食べてしまいました。

DSC_7255

宇治山
お抹茶の品のよいお大福。中はこしあんでした。

栗きんとんが¥478で、そのほかはひとつ¥425。
やはりお値段はよいですが、あんこにこだわってるそうで、一つ一つ丁寧に作られています。見てるだけでもちょっとうれしくなる生菓子です。

今度はぜひ、お店でいただきたいと思います。

関連ランキング:甘味処 | 丸太町駅(京都市営)烏丸御池駅二条城前駅



cool_mama at 21:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2015年11月22日

「六盛 スフレ・カフェコーナー 茶庭」でスフレケーキ

京都市美術館で「レンブラントとフェルメール」を観た後、美術館からほど近い六盛(ろくせい)スフレカフェコーナー茶庭(さてい)へ。

以前は独立した店舗だった六盛のスフレのお店が、お食事メインの「六盛」の中に入りました。

ちょっぴり敷居が高くなった感じで、びびりのtyutyutanは一人で入る勇気がなく・・・友達と美術館へ行ったこの時とばかり、一緒に訪れました。

DSC_7194

りっぱな入口で、こちらには昔の番頭さんのような方が立っていて、どうぞどうぞと案内してくれます。

DSC_7199

中へ入ると左手がスフレコーナー茶庭になっています。
実際には丁寧に案内され、はいりにくいことは全然ないんですが、入口の雰囲気にのみ込まれるタイプです

2時半過ぎくらいだったと思いますが、私たち3人はぎりぎりセーフ!
平日なのに満席となりました。

店内は結構斬新な席の配置で、まず、馬蹄形にカウンター席があります。そして、疎水側の窓際からカギの字型にお座敷席となっています。
私たちは靴を脱いで、お座敷へ。

DSC_7203

大きな窓からは、庭の木々の間から疎水がちらちらと見えました。

DSC_7201

スフレは定番の物が6種類と今月のスフレが2種類。セットメニューはシンプルなスフレのバニラのみで¥1296(税込)です。
ほかのスフレでもセットを作ってくれたらよいのに・・・と思いつつ、やっぱり初めてなので、王道のバニラスフレをセットでいただくことにしました。

DSC_7202

焼き上がりには、25分くらいかかるそうなので、その間にスフレの食べ方をお勉強しておきます。

DSC_7208

まずは飲み物がきました。
これは私のアメリカン。

DSC_7206

紅茶はポットサービスです。
飲み頃で運ばれてきました。

DSC_7209

バニラスフレのソースは、ゆるめのカスタードクリームに生クリームが入ったもののようです。

DSC_7211

バニラスフレ登場!やっぱりテンション上がります。

DSC_7212

上からみたところ。いい色に焼けてます。パウダーシュガーがパラリ!

DSC_7214

スフレ型から、大きくこんもりふわふわ~~
でも、ちょっと傾き始めた感じなので急げ急げ~!

DSC_7215

スフレの真ん中にあけた穴に、軽くかき混ぜたソースを流しいれます。

DSC_7220

よし!準備完了、いただきま~す

DSC_7222

本当にふわふわ~!
でも、3口くらい食べたら、くしゅくしゅとしぼみ始めてしまいます。スフレの宿命・・・。
焼き上がりの瞬間を楽しむ、うたかたの夢のようなデザートでした


関連ランキング:洋菓子(その他) | 東山駅神宮丸太町駅三条京阪駅



cool_mama at 22:14|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2015年11月20日

「アンド・ノマ・カフェ」で野菜たっぷりランチ

京都市美術館へ行く前に、ランチをしました

DSC_7154

美術館近くの「アンド・ノマ・カフェ」へ。
あれ、CLOSE・・・と思ったら、10:59。オープン1分前でした。

DSC_7159

すぐにオープンして、店内へ。
大きなテーブルがど~んとあって、二人がけと4人掛けのテーブル席もあります。
ナチュラルでおしゃれ~。カウンターの上にはおいしそうなスコーンもありました。

DSC_7160

まるでスクリーンのようであり、額縁のようでもある大きな窓がステキなので、この窓の近くに座りました。

DSC_7155

ランチは4種類。どれも野菜たっぷりのランチです。

DSC_7162

どのランチにもスープがついています。
ナスとエリンギ(しめじだった?)のスープはぽってりとして、飲むというより食べる感じ。色はきれいじゃないけど好きな味でした。
でも、あとから来た人は黄色いポタージュになってました。なんでかな?

DSC_7163

goziちゃんはエビとゆで卵のパニーニ フライドポテト付き¥1350(税込)
このポテトがとてもおいしそうでした。

DSC_7164

紫とみどりの水菜がぎゅうぎゅうに入ってました。
でも、野菜中心のパニーニとポテトなので、ちょっと物足りなかったと、あとから話してました。

DSC_7167

私は温野菜サラダ¥1350(税込)。
ごろごろっと切った野菜がもりもりです。

DSC_7168

塩味がついてるけど、たりないときはまわりのアンチョビとケッパーを使ったソースをつけてくださいって。
お芋あま~い!玉ねぎもおいし~い。

DSC_7169

山芋もいけます。
キャベツは丸ごとをくし型にカットしてるので量も多いです。

DSC_7165

キメの細かいパンはトーストしてあって、皮はカリカリ、中はふんわり。このセットは野菜ばかりなのに、かなり食べでがあって、思ったより満足できました。

¥300で飲み物をつけることができますが、もう一人遅れてくる友達を待つには場所を変えた方がよさそうなので、ここで飲むのはやめました。

私たちがオープンとともに入ったあと、次々お客さんが来ました。
カフェ使いもしてみたいお店です。

関連ランキング:カフェ | 東山駅三条京阪駅三条駅



cool_mama at 23:50|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2015年10月18日

DREAMTON VILLAGE ドゥリムトン村

さて、先日の大人の遠足の続きです。

2番目の目的地「DREAMTON VILLAGE」。

DSC_6386

入口からイギリスの田舎町の風景に、みんなのテンションがあがります。

DSC_6388

私が以前来た時は、12月で冬の風景でしたが、今回はまだまだ緑が生い茂っているので、森の中の小さな村みたいな感じです。

DSC_6408

ドゥリムトン村にあるレストラン「ポントオーク」でランチにしました。
(すぐそばにある玉子かけご飯のお店がお休みでしたら・・・)

12時頃到着しましたが、2階席もあるようだし、雑貨屋さんの奥にもカフェコーナーができていたので、まだ十分に席はありました。

ただ、この日はプチランチコースができないということでしたし、以前あったパスタもメニューから消えてました。

そこで、本日のランチ(ワンプレートにデザート、ドリンク付き)¥1500(税抜)にしました。

DSC_6391

お~!なんとも外国のお料理チック。フィッシュアンドチップスのお友達・・・て感じです。

DSC_6395

日本では、シンプルなお豆だけがこんなに山盛りにされることは、まずないでしょ
でも、このお豆が結構おいしかったです。
あ、私が豆好きなだけかもしれませんけどね・・・。
ポテトは普通においしいです。

DSC_6396

ただ、このミートパイの真ん中の上側・・・ちょっと焼きが足りない感じで、せっかくのパイなのに層も何もないお団子状態でした。

DSC_6397

ガーリックトーストは焼き立てだったらもっとおいしかったのに残念!

DSC_6390

ドリンクは13種類の紅茶の中から、サンプルの香りで決めることができます。

DSC_6399

ポットサービスは3杯分くらいあります。

DSC_6404

私はアールグレイクラシックをチョイスしました。
みんなが選んだマスカットやカリビアンなども、少しづつ味見をしました。

DSC_6400

デザートはジンジャーケーキと自家製アイスクリーム。
このジンジャーケーキがなかなか生姜がきいて、辛目の大人な味でした。そして、ミルク感たっぷりのアイスクリームがマイルドで、おいしいデザートでした。

私たちがレストランを出るころには、2階席もお客さんが入ってましたし、待ってる方たちもいました。
外にはテラス席もあるので、そちらで食事されてる方もいて、平日というのに大盛況でした。

その後、のどかな風景を楽しみました。

DSC_6411

池には鴨がいましたが、羊さんの姿は見えず・・・あの小屋の中にいたのかしら~。

DSC_6419

小さな小屋の前には無造作にステンドグラスが置かれてました。これから建物を増やす時に使うのかしら~。

DSC_6420

以前来た時に、レストランの西側にこんな階段あったかしら~。

DSC_6422

この馬車は、イギリスで買い付けて来たのかしら~。
かしらかしら・・・と、いろんな思いが頭をよぎるのでした。

DSC_6423

こんなかわいらしい風景をまた楽しみに来たいな~と思いつつ・・・

1444908390554

家路へとつきました。



DREAMTON(ドゥリムトン)
京都府亀岡市西別院町柚原水汲12   地図
0771-27-3004
ポントオークティールーム・レストラン
月~木  11:00~19:00(L.O17:30)
金土日祝 10:30~20:00(L.O19:00)
不定休


cool_mama at 21:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年10月08日

近代建築のビルが素敵な「DEAN & DELUCA 京都」

京都歴史博物館でレオナルド・ダ・ヴィンチ関連の展示を観た後、ちょこっとランチ。

DSC_6089

以前から気になっていたレトロなビルに入ってる「DEAN & DELUCA 京都」へ行きました。
このビルは大正5年に建築され、北國銀行京都支店として使われていたそうです。

DSC_6090

近代建築の外観をそのまま使ってくれてるのがうれしいです。
最近せっかくのビルの玄関を、こてこてに装飾してるところが多いですからね・・・。
大好きなレトロなビルに入ってるからこそ、来たかったお店です。

DSC_6091

中に入るとすぐ右手には、パンや雑貨などがおいてあります。

この夏までは1年間の期間限定でレストランでした。
それをリニューアルして、今度はまたまた来年8月31日までの期間限定でベーカリーを中心としたカフェになりました。

DSC_6093

パックされてるサンドイッチもおいしそうだったんですが、焼き立てのホットサンドを注文しました。う~ん、でも、あんまりおなかはすいてなかったんですけどね・・・。

DSC_6095

ステキな近代建築の1Fですから、やっぱり天井は高く、柱は円柱でいい感じ~!

DSC_6096

イスには白いカバーがかけられ、レトロ感があります。
セルフなので、コーヒーだけ持って席で待っていると、あとでホットサンドは持って来てくれます。

天井が高く、となりの席との間隔もあいてるゆったりした店内もいいですが、ビルの裏側の小さな庭がテラス席になってることにあとから気が付きました。今の季節はそちらでもよかったかも・・・・と思ったりして・・・。

DSC_6098

紙コップなのが少し残念ですが、京都の町中のこんな素敵な場所で¥300(税抜、Sサイズ)ですから~。それもふたをあけたらたっぷり入ってる・・・と、残念な気分からちょっとテンションアップしたtyutyutanでした

DSC_6099

チキンフォカッチャサンド¥850(税抜)
こちらはまぁ、そこそこの価格ですが・・・。カフェ利用で、ドリンクだけとか、ちょっとしたパンを選ぶくらいならとってもリーズナブルに利用できると思います。

DSC_6102

モッツアレラがビヨ~ンと伸びて、フォカッチャの表面がカリカリ。たくさん入ってるレタスの中にはちょっとくせのある葉っぱも混じってて、私は結構好きな味でした。

でも、ポテトも山盛りだったので、やっぱり食べきれない・・・。
買う時にテイクアウトですか?て聞かれたくらいだから、持って帰っても良いかな~?とおばちゃん的行動をとることを決意(←一応、決意が必要なのね)。

DSC_6103

そばを通ったスタッフに声をかけたら、パックと袋を持って来てくれました。それもすっごく感じよかった~

1時過ぎに訪問して、結構すいてたのだけど・・・平日だから?
期間限定といわず、レトロなビルを利用してずっと営業してくれたらいいのに・・・・と思いました。



ディーン&デルーカ京都
昼総合点★★★☆☆ 3.6

関連ランキング:カフェ | 烏丸駅



cool_mama at 20:35|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2015年10月06日

「chocolat BEL AMER 京都別邸」はちょっとリッチな空間でした!

京都文化博物館の近くにある「ショコラベルアメール京都別邸」は9月11日にオープンしたばかりです。

DSC_6080

赤いのれんが京都らしくもあり、おしゃれでもあります。

DSC_6062

チョコレートの種類がとても豊富です。16℃(←たぶん)に保たれてるショーケースは色とりどりのチョコレートやボンボンが並びます。

DSC_6064

ハロウィンのチョコレートもいろいろ用意されてます。

DSC_6065

初めて見るアイスキャンデーのような形のチョコレートは、食べ歩きを意識した形のようです。

DSC_6079

この京都別邸限定のパレショコラとマンディアンは、直径6cmで厚さ6mmのまるい板チョコです。パパッと数えたら60種類。税込¥281です。
これを買うことにしたのですが・・・どれもかわいくておいしそうで悩む悩む・・・・。

DSC_6066

焼き菓子もあります。

1Fがチョコレートのショップで2Fがカフェになってます。では、2F「Chocolat BAR」へ。

DSC_6068

11時過ぎくらいに行きましたが、一番乗り!

DSC_6069

障子や格子戸が使われ、黒に近い色合いに統一されているので、とても落ち着く空間です。

DSC_6070

メニューはいろいろありますが、ドリンクだけというのはできないようですね。

私は最初から決めていた・・・♡・・・♡・・・

DSC_6073

ショコラベリーパフェ¥1260(税込)

DSC_6076

ぎゅ~っといろんなものがつまってる!
「フランボワーズソース、チョコレートアイス、バニラアイス、ミックスベリー、テリーヌショコラ、シャンティー、マカロン、アーモンドとカカオのチュイルを盛り付けた贅沢な仕上がりになっています」だそうです。
一番印象的なのはやっぱりチョコレートアイスでねっとり濃厚。
フランボワーズのマカロンはねっちりおいしい。
アーモンドとカカオのチュイルはパリパリ。
新鮮なベリー類とソースはちょっぴり酸味がきいてる・・・。
本当に盛りだくさんです。

DSC_6077

私にとって一番のパフェに出会いました

スタッフの方もすっごく感じがいいです。そして、いい感じに放置してくれます。



DSC_6117

余りにきれいでかわいい~から一つづつ見せちゃいましょう。

DSC_6121

京都別邸限定 抹茶ブラン
宇宙を思わせるようなチョコレート。金銀のアラザン(かな?)がちりばめられ、お抹茶が少しふられてます。

DSC_6120

センターリキュールベリー
最初に選んだフランボワーズ、フレーズのジュレ入りホワイトチョコ。キラキラ光ってます。

DSC_6122

ハニーキャンディミルク
はちみつキャンディミルク入りミルクチョコ
まるで着物が柄のようです。

DSC_6123

ラブピッグ
カカオ61%のビターチョコに豚型とハート型のホワイトチョコ
これって豚に真珠?

DSC_6124

ハロウィンパレ パンプキンミルク

買う時も迷ったけど、どれを食べるかも悩む~

関連ランキング:チョコレート | 烏丸御池駅京都市役所前駅烏丸駅



cool_mama at 22:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年08月23日

「ブリティッシュ・バアバ」東洞院三条店

今日は家でゆっくりしてました。
日差しが照り付ける中はまだまだ暑いですが、家の中にいるとエアコンなしでもすごせるくらい・・・夏もやっと峠をすぎたのでしょうか。

そうそう、以前京都へ行ったときのお店をまだアップしてませんでした。

DSC_4777

パンケーキとフレンチトーストのお店「ブリティッシュ・バアバ」東洞院三条店は、京都文化博物館近くの道を入った2Fにあります。
大阪の心斎橋にもお店があります。

店名にブリティッシュとつく割りには、竹を使った店内は京都らしい雰囲気です。
また、お客さんは地元の方が多いように見えました。

DSC_4780

ベーシックなパンケーキを食べようと思っていたのに、ランチタイムメニューを見たら、「海老とアボカドのパンケーキ」にロックオン!
ドリンクとセットで¥920(税別)です。
セットドリンクにはJAPANESE TEA ラテ(ほうじ茶・玄米茶・抹茶・きなこ)もありました。今メニューを見ると、ジャパニーズティーラテにしておけばよかったなんて思いますが、その時はやっぱりコーヒーが飲みたかったんでしょうね・・・私は・・・。

DSC_4782

食事系パンケーキは初めてかもしれません。

DSC_4783

かなりたっぷりのグリーンサラダがついてました。

DSC_4784

海老とアボカドもたくさん!パンケーキはほどよい厚さのノーマルタイプです。

DSC_4789

少し甘味のあるパンケーキに、ねっとりしたアボカドがよくあいます。たまには食事系パンケーキも良いかも~。

それでもやっぱり次は、ベーシックなバターミルクパンケーキを、メープルシロップで食べたいと思います。


関連ランキング:カフェ | 烏丸御池駅烏丸駅四条駅(京都市営)



cool_mama at 22:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード