手作りのおいしいもの

2017年07月06日

ボリュームサンドイッチ

おいしいものを食べに行くことができない時は、自分で作りましょ

昨日のNHKの「あさイチ」で、ボリュームサンドイッチを作っていました。
ゲストさんたちはあの極厚のサンドイッチを初めて見るようでしたが、代官山にある「キングジョージ」などが有名で、キングジョージ風サンドなどでレシピがたくさん出てきます。

とにかく冷蔵庫にあるものをたくさんはさんでしまえばよさそうなので、具材をそろえてみました。

DSC_7555

ズッキーニ、トマト、目玉焼き、ササミの鶏ハム、レタス、スライスチーズ・・・こんなもんでいいかしら~

DSC_7556

ジャーン
あらかじめ、ラップを広げた上にマヨネーズをぬったパンをのせ、順番に具材をのせます。レタスをのせたところでで多少くずれそうになりますが、おさえつつ、最後にスライスチーズを2枚のせて、パンをのせてギューっと押さえました。

DSC_7557

ぴっちりラップでくるんで、はがれてこないように、セロテープで留めています。
ただ、半分にカットした時に、パリンと一部割けてしまったので、あわてて、テープで留めました。
やっぱりクッキングシートでくるんだ方がいいかもしれません。
100均でおしゃれなクッキングシートもありますしね~

ではでは、カットした断面です。

DSC_7558

わぉ~、ものすごいボリュームです。

DSC_7561

はじから少しラップをめくって・・・あっちをたべたりこっちをたべたり、具材だけたべたり・・・

レタスのところには、少しだけレモン塩をのせて食べました。
最初から塩分やドレッシング系を含ませると水っぽくなるので、食べるときに調整した方がいいと思います。

DSC_7559

うちにいて、少しだけカフェ気分を味わえました


cool_mama at 20:52|PermalinkComments(0)

2017年07月01日

紅茶のシフォンを作りました!

最近、な~んにもしてない気がして・・・
シフォンケーキを焼きました

わが家のシフォンの型は、大きい方で(たぶん直径20cm)、以前は玉子6個のレシピで作っていたのだけど、人数が少なくなった今、それでは大きすぎると思い、型はそのまま17cmのレシピで作りました。


  紅茶のシフォンケーキ

玉子     4個
砂糖     80g
湯       50cc
紅茶ティーバッグ2個
サラダオイル40cc
小麦粉    80g
ベーキングパウダー  3g

DSC_6976

①50ccのお湯に紅茶のティーバッグ二袋の中身を入れておく

DSC_6977

②卵黄に砂糖半分(40g)を入れて、

DSC_6979

白っぽくなるまでよく混ぜる

DSC_6982

③小麦粉とベーキングパウダーをふるってを②に混ぜる

DSC_6983

④サラダオイルを少しずつ入れ混ぜ、紅茶も茶葉ごと入れ混ぜる

⑤別のボールで、卵白に砂糖を入れよくよく泡立てる

⑥④に泡立てた白身を3回に分けて混ぜ、最後はさっくりと混ぜる

DSC_6986

⑦型に流して、170度に温めておいたオーブンで35~40分焼く
 焼き上がったら逆さにしてさます

DSC_6988

とってもふんわり焼けました。
ただし、17cmの材料を20cmで焼いてるので、高さはあまりありません。

DSC_6992

生クリームがなかったので、アイスクリームを添えてみました。
紅茶の香りがしっかりして、ふわふわでなかなかおいしくできました。

でも、焼き終わって、これがありました。

DSC_6987

あれ?お砂糖!
卵白にいれるためとっておいたもののような・・・。そう、卵白にいれて泡立てるはずの砂糖を入れ忘れてしまったんです

分量や作り方を多少間違えたところで、なんとかできるものなんですね~

cool_mama at 21:11|PermalinkComments(0)

2017年06月26日

フルーツのオープンサンド

あまり手をかけず、ちょっとスイーツっぽいものを作ってみました。

DSC_7409

甘いオープンサンドです。

実は、おととい、スフレのパンケーキを作って、たまごの黄身だけひとつ残ってました。
2日たってしまったので、生で食べるのはちょっと~!と思い、火を入れてなにかに使いたい・・・と思ったとき、カスタードクリームがひらめきました

簡単にレンジで作れると聞いたことがあったので、高校生の時から使ってるレシピの半分の量で作りました。

     カスタードクリーム

たまごの黄身  2個
砂糖       40g
小麦粉      30g
牛乳       200cc
バター      大さじ1
バニラエッセンス少々
   (今回はこの半分の量です)

①黄身に砂糖を入れてよく混ぜる
②ふるった小麦粉を①に入れ混ぜる
③牛乳を少しずつ②に入れ混ぜ、バニラエッセンスも加える
④ラップをせず、レンジ600wで1分加熱し、よく混ぜる
⑤さらに1分加熱し混ぜる
⑥30秒加熱し、バターも加えよく混ぜる

冷めるとできあがったときよりかたくなりますが、最後の加熱後ゆるいと思ったら、バターを加える前に20秒ほど加熱して様子をみます。
バターはなければ、入れなくてもOK!

DSC_7410

軽くトーストしたパンにカスタードクリームをのせ、フルーツを重ねました。
キーウイしかなかったので、カシスのジャムのも作ってみました。
やはり、ブルーベリーやカシスのジャムは、きれいな赤紫色なので使えます

久しぶりにカスタードクリームを作ったけれど、超簡単にできるので、またなにかに応用したいと思います

cool_mama at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年06月23日

プリン大好き~!そこで自家製プリン

最近あまり外に食べに行けないので、自分で作っていっぱい食べてます。
その一つがプ・リ・ン~~~

3時と夜中のおやつに食べたりして~

今日はトールペイント教室だったので、食後のデザート用に朝パパッと作りました。


  プリン

玉子  2個
牛乳  2カップ
砂糖  40g
バニラエッセンス少々
 
  カラメル 

砂糖  40g
水大さじ1
水大さじ1


カラメルを作る

DSC_7147

①鍋に砂糖と水大さじ1をいれ、中火にかける

DSC_7149

②色づいて来たら火を止め、水大さじ1を入れる
(はねるので、私はふたで防御しながらね)
③カップに先に入れておく

プリン液を作る

DSC_7159

①玉子と砂糖をボールに入れ、よく混ぜる

DSC_7155

②牛乳も入れ、バニラエッセンスをいれてこす
 
DSC_7160

③キッチンペーパーを敷いて水をはった中に、カップを入れ、沸騰したら弱火で10分弱蒸す

串をさして、にごらなければOK
まだできてない時は、火を止め、そのまま5分くらい蒸らしたら、たぶんOK

④粗熱がとれたら冷蔵庫に入れて冷やす

昔は、オーブンで蒸し焼きにしたけど、50分くらいかかってしまうので、最近はお鍋で蒸します。オーブンの方が、まったくすが入らず、すごくなめらかにできるのだけど、あまりこだわらなくなりました

DSC_7394

あは、ちょっとすが入った・・・けど、気にしない~

実は、プリン型を以前捨ててしまったので、そばちょこで作ってます。
そばちょこの場合、底面積が広いので、あまり高さが出ないのだけど・・・気にしない気にしない

このプリンはあっさりタイプで、トゥルンとしておいしいです
でも、レシピの牛乳の量を半分で作ると、濃厚なプリンになってそれもありです。

DSC_7393

あずきなこで買ったこの皿、やっぱりかわいい

プリンもお皿も超お気に入りです。


cool_mama at 22:15|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2017年06月20日

菜っ葉だけど、カラフルなスイスチャード

先日、「茶寮ささゆり」で教えてもらった野菜のスイスチャード。
帰りに彩菜みまさかで買ってきました。

DSC_7261

ホウレン草を少し幅広の葉っぱにしたような形です。一袋に茎から葉脈の色が、白、オレンジ、黄色、赤、といろんな色が入ってました。

生のままでも、ほとんどくせがないので使えますし、おひたしのようにゆでてもOKな万能な野菜です。

DSC_7293

まずはザクザク刻んで、プチトマトとスライスオニオンをトッピングしたサラダ。
最近、みじん切りの玉ねぎのオリーブオイル漬けと同様に、薄くスライスしてめんつゆとレモン汁に漬けたものも常備してます。このめんつゆ漬けスライスオニオンも、そのままトッピングに使ったり、炒め物や急いでるときのお味噌汁の具にしたりと、なかなか便利です

DSC_7292

葉っぱも少し入れましたが、主に軸を生のまま混ぜ込んだポテトサラダ。生でもさっとゆでてもどちらでもいいと思いますが、見た目がとってもかわいくて、シャキシャキと食感がよくて、これはおすすめです。
(でも、これ、実はポテトサラダではなくて、コストコのマッシュポテトを利用してます。だから本当にすぐできます

DSC_7305

そして、おにぎり。
スイスチャードのレシピをググったら、いっぱい出てきました。

DSC_7302

中のご飯は、レシピによっていろいろありましたが、とりあえず、みんなゆでたスイスチャードの軸(茎)を刻んで混ぜ込んでます。
せっかく、カロチンやミネラルなど、緑だけの菜っ葉より栄養が豊富なようなので、おにぎりにもアマニ油を少し混ぜて、健康で今流行りのオイルおにぎりにしてみました。混ぜるオイルはゴマ油でも、オリーブオイルでもOKです。

DSC_7304

ゆでた葉っぱの水気を取ってから広げて、ロールキャベツのように包むだけです。残り少なくなって、大きな葉っぱがそろわなかったので、小さい葉っぱを並べて包んだりもしましたが、それでも大丈夫でした。

DSC_7307

なかなかかわいい~

一般のスーパーではあまり見かけませんが、みつけたときはぜひカラフルなおかずを作ってみてください

cool_mama at 19:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年06月13日

梅干しを作る季節になりました(*^^*)

DSC_7196

ほんのり黄色くなった南高梅。フルーティな香りもして、梅干しを漬けるのにぴったりです。
(あれ?写真だと結構青く見えてますが・・・)

今年で梅干しを漬け始めて3年目ですが、今まで購入した中で一番小さいサイズです。大きな大きな梅も好きなので、そのうち安くて大きな梅に出会えたらゲットしたいと思っているのですが、今年は、種をとっておにぎりに一粒入れたらちょうどいいくらいの梅干しを作りたいと思っていたので、これはちょうどいいんじゃないかしら~!

1kgで64個ありました。サイズが書いてなかったのですがMかL?かな?

過去の梅のサイズの個数が、
4L→21個
3L→31個
2L→37個
今回→64個
多少、数は前後するとは思うのですが・・・。

DSC_7197

ホワイトリカーをまわしかけて、塩と砂糖をふりかけ、ジップロックで漬けます。

詳しい作り方は→コチラ

DSC_7198

わぁ、やっぱり小さいからいっぱいです

DSC_4606

これはおととしの4L。同じ大きさのジップロックとは思えません

DSC_7199

あ、そうそう、梅から水分が上がってくると、2重のジッパーが付いていても、なんとなく水分がべたべたとしみ出る感じなので、袋の口は上を向けておいた方がいいです。

さて、梅の実の価格って結構お店によって違うので、安くていいのがみつかるといいな~


cool_mama at 19:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2017年06月12日

にんじんパンを焼きました!

しばらくホームベーカリーの存在を忘れてましたが、最近復活。
にんじんパンをよく焼きます。

ゆうべも、ちゅちゅたんが案の定、夜、寝なくて~。
抱っこしても、よしよししても、場所を変えてもなき止まない時は、しばらく様子を見ながら放置・・・

そんな時、ふと翌朝のパンがないことを思い出しました。(まぁ、なければ、ちびはいつも白ごはんなので、私も白ごはんを食べればいいだけなのですが)

DSC_7173

で、にんじんパンを仕込んでおこう!と、夜の1時半からにんじんをすりすりしました。


  にんじんパン

強力粉  250g
砂糖    大さじ3
塩  小さじ1/2
バター  40g
とき卵  30g
水     大さじ1
牛乳    70ml
ドライイースト  小さじ1 
にんじん(すりおろす)70g

オーブンの場合170~180℃で15分焼く


DSC_6558

HBならちょうど1斤分です。

DSC_7174

焼き上がり30分前に、卵液を表面に塗ったので、つやつやです。このパンのミミが好きです

DSC_7176

これだけ高さがあると、とってもやわらかいので、写真を撮ろうとあっち向けたりこっちむけたりしてたら、ちょっとへたれてきました。

DSC_7183

カットするとにんじんが入ってるので、オレンジに近い黄色できれいなパンです。
これ、見た目よりずっと大きくて、実はパスタを盛りつける大皿に置いてます。

朝は、オリーブオイルをつけて食べました。

このパンは私しか食べないので、おいしいうちにとお昼も食べました。

DSC_7184

本当は、ちゅちゅたんのご飯のトッピング用カッテージチーズなのだけど、ほんの少しずつしか使わないので、時々私もいただきま~す

DSC_7185

トーストしたパンに、カッテージチーズとプチトマトをのせて、クレージーソルトをふって、オリーブオイルをたら~りとかけました。

パンがとてもやわらかくて、具材をのせると持ち上げづらいので、先にトーストしたのだけど、乗せた後にトーストしてもよかったかも・・・ま、どちらでもそれほどかわらないでしょう

明日の朝は、バナナとアガベにしようかな~


cool_mama at 19:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年06月04日

家でばっちりおいしいフレンチトースト♡

おいしいものを食べに行きたい病です。
でも、なかなかでかけられなくて~

とりあえず、フレンチトーストを作りましょう

このあいだ行った「カフェ フェイト」「フレンチマーケット」のフレンチトーストみたいなのが食べたいのです

ということは、いつも私が適当に玉子と牛乳とお砂糖を混ぜ混ぜして作るのでは今一つ。
でも、おいしく作るコツはだいたい想像できます。おいしいフレンチトーストは、プリン液をしみこませたらいいに決まってる・・・でしょ?!

というわけで、濃厚プリンのレシピで作ります。

   フレンチトースト(プリン液)

たまご    2個
牛乳     1C(180cc)
砂糖     40g
バニラエッセンス(お好みで)
食パン    4枚切り2枚

①食パンはミミをカットして半分に切る

DSC_7067

②食パン以外の材料をよく混ぜる

DSC_7069

③タッパーなどにパンを並べ、上からアパレイユ(卵液)をこしながらかける

DSC_7070

④半日(一晩)冷蔵庫でしみこませる

⑤油をなじませたフライパンで、10分くらいかけて両面焼く(弱火)

バターは焦げやすいので、サラダオイルで私は焼きます。
仕上げにバターを入れると香りがよくなります。

焼いてるときに、横からしみだしたアパレイユはひっくり返す前に、側面にへらでぺたっとつけると、きれいにつきます

DSC_7089

仕上げにパウダーシュガーをふって、フルーツを盛り合わせました。

少しだけカフェ気分
これ、自分で作るのではなくて、誰かが作って出してくれたら、もっとカフェ気分が味わえるのに・・・

DSC_7092

中までアパレイユがしみて、ふわふわで上品な仕上がりです

とってもおいしかったのだけど、お店のフレンチトーストはもっと分厚かった・・・。ということは、カットされてない食パンを買ってきて、自分でカットしなくてはダメということですね。
がんばろ~

そうそう、ミミは同じようにアパレイユに漬けこんで、クルクル巻いて焼くとバームクーヘン風フレンチトーストになると、どこかで読んだ記憶があるのですが・・・

今回は、昔からある食パンのミミをあげて砂糖をまぶす食べ方を、もう少し健康的かつ経済的にアレンジしました。

DSC_7079

揚げると油を吸い過ぎるので、オリーブオイルを多めにフライパンにいれ、カリカリに焼きます。
お皿に取り分けてから、左はグラニュー糖をまぶして、右はクレージーソルトをふりました。見た目はほぼ同じです
甘いのは、なんだか懐かしい味がします。
塩味は、おつまみにもなりそうで、なかなかおいしい~

次は何を作ろうかな~



cool_mama at 20:32|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2017年05月22日

安納芋のパウンドケーキ

今日は、トールペイント教室でした。

お昼ご飯とその後のお茶をお出しするので、昨日のうちに、さつま芋のパウンドケーキを焼いておきました。
というのも、先月の終わりに安納芋をとっても安く手に入れたのに、まだ残っていたのをすっかり忘れてしまい、芽が出始めてしまったんです。まずいまずい~

あわてて、全部使いました。

 さつま芋のパウンドケーキ

さつま芋(正味)  300g
砂糖         70g(安納芋は甘いので50gくらいに)
たまご        2個
バター        70g
牛乳        大さじ3
ホットケーキミックス150g

①さつま芋は皮をむいてカットし、ゆでるかレンチンしてやわらかくする

DSC_6790

②コロコロにカットしたバターをボールに入れ、そこにやわらかくしたさつま芋を熱いうちにいれて、しゃもじなどでつぶす

DSC_6792

多少、さつまいものかたまりがあっても気にしない

DSC_6793

③卵を入れてよくかき混ぜる

④牛乳もくわえる

DSC_6794

⑤ホットケーキミックスをいれて、よく混ぜる

DSC_6795

⑥パウンド型に入れて、170℃に温めておいたオーブンで45分前後焼く

DSC_6804

⑦竹串をさして、タネがついてこなければOK

私の使ってる型は17cm×9cm。
1本にまとめて焼くには、ちょっと危ない微妙な量なので、二つにわけました。そのため高さが少し足りない感じ。もう少し小さい型の二つ分がちょうどいいのかな~。

DSC_6846

粉砂糖をふってお出ししました。
ホットケーキミックスを使ったら、失敗なし!
どう作ってもおいしいに決まってます

そして、あずきなこで購入したこのお皿、やっぱりかわいい~、超お気に入りです

cool_mama at 19:38|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2017年05月18日

おいしい( *´艸`)トールペイント教室?!

今日は、朝から1日トールペイント教室でした。
もちろんお昼ご飯をお出しします。

DSC_6727

煮込みハンバーグとちょうど焼き上がるようにHBに仕込んでおいたにんじんパンのランチです。

DSC_6736

デザートには、昨日のあずきなこマルシェで購入したそばちょこで、きなこプリンを作りました。(作り方はまた、そのうちに・・・)

DSC_6738

やっぱりとてもかわいい器で、ついついにんまりしてしまいます

DSC_6730

そして、Ricoちゃんが持って来てくれたのが、噂には聞いていたグリコのBitte(ビッテ)。
「Bitte×ベルサイユのばら」のパッケージです。
ベルばらの登場人物が描かれてるパッケージは全部で6種類あるようなんですが、先月この商品の存在を聞いてから、スーパーのお菓子コーナーをちらりとみたりしたのですが、見当たりませんでした。

DSC_6731

個包装もベルばら限定パッケージになっています。
あ、箱の内側にも、ベルばらが描かれていたのに、写真を撮るのを忘れました。

Bitteはコーヒーにぴったりのチョコレートということで、どの絵にもBitteとコーヒーが描かれています。

DSC_6739

軽いサクサクのビスケットでココアクリームをサンドして、チョコレートコーティングしたとてもおいしいお菓子です。パッケージに書かれた会話を読みながら味わってもおもしろいです。

このお菓子、コーヒーによくあうというのが、うたい文句ですが・・・

DSC_6734

「ホテル(どこのホテルか忘れました)で飲んだとてもおいしい紅茶を、お友達が買って来てくれたので、みんなで飲もうと思って~。だから、今日はこれを淹れて!」て、紅茶を持って来てくれました。

なんだか、いかにもお高そうなティーバッグです

DSC_6735

こうして淹れるんですって~。
「そうすると紅茶の種類もちゃんと読める向きになるでしょ」てことで、確かに~

その時、「どこの紅茶?」ていう話になって、「ドイツの紅茶なのよ!」「へ~!!」で終わっていましたが、写真をよく見ると、ロンネフェルトと書いてあります。

ん~?最近聞いたことがあります。
どこでだったかな~?と記憶をたどってみたら、2月の終わりに行ったホテルグランヴィアのロビーラウンジの紅茶がロンネフェルト社製だったことを思い出しました。

皆様のおかげでおいしいものがいただけることに感謝です


cool_mama at 21:07|PermalinkComments(5)TrackBack(0)
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード