手作りのおいしいもの

2018年10月22日

ピンクッションとおうちランチ

今日は、自宅教室でした。

手づくりフェアで作ったピンクッションがかわいいと人気で、午前中はみんなでピンクッション作り。

DSC_3929

20~30分でパパッと作れるのにとってもかわいい

DSC_3930

一つ作ったら、今度は違う色、柄で作りたいと思ってしまうんですね~。
またまた材料が必要になりました。
ちょうどがま口バッグの口金が必要なので、一緒に調達してきます。


そして、本日のおうちランチ

DSC_3932

あずきなこマルシェで買ったクローバーとスペードの食器を使うだけで、ちょっとかわいくなります

DSC_3934

デザートは柿パフェ?!
中には、シュガーバターの木とバニラアイスクリームが入ってます。


DSC_3928

みんちゃんは、みんが作ってるものに興味津々です


cool_mama at 22:42|PermalinkComments(0)

2018年09月30日

ふわふわちぎりパンを焼いてみた!

またまた大きな台風が近づいてきています。

大阪は、午後になってから雨が降り始めました。
午前中は静かだったけど、もう、台風がくるというのだから、こんな日は家にいておとなしくしてるに限ります。

というわけで、ちぎりパンを焼いてみました。

DSC_3573

ほら、かわいく焼けたでしょ

ちぎりパン

強力粉   280g
ドライイースト  小さじ1
砂糖    大さじ1.5
塩     小さじ1
バター   10g
水     180cc

最近は、材料を全部ホームベーカリーに投入して、こねて、一次発酵までやってもらってました。

それなのに・・・なんとウイウイウイ~ってなんとなくモーター音がするのに動かない・・・何回セットしなおしてもダメです!
ついに壊れてしまったみたい・・・ショック~!

①とりあえず、仕方がないので羽だけ取って、ホームベーカリーの中で手動でコネコネ。粉っぽさがなくなったところで取り出して、両手で(こねる台がない・・・)とにかくこねくり回して15分。

DSC_3564

②ほぼなめらかになったところで、ボールに入れてラップをして放置。

DSC_3565

③だいたい2倍になったら一次発酵終わりです。
(今回は45分くらい、放置でいいのが楽ちんです)

DSC_3567

④16等分して丸めたら、ラップをして15分ベンチタイム。

DSC_3568

⑤一つ一つを空気を抜くように、そして、表面を引っ張ってつるつるになるように丸めて型に並べます。

DSC_3571

⑥1.5倍くらいになるまで2次発酵。もちろんラップをしてそのまま放置。
ふくらんだら小麦粉をふります。

DSC_3573

⑦190℃に温めておいたオーブンで15分焼いたら出来上がり

DSC_3578

とってもふっくら焼けました。

DSC_3579

ほらほら、ちぎろうと思ったらこんなにやわらかいんです~

冷めてもとってもふわふわです
パン屋さんになろうと思うくらいのおいしい出来上がり。あ、いつもの自画自賛です

ホームベーカリーは壊れちゃったけど、例のフードプロセッサーならこねることができたはず。
今度はフードプロセッサーにこねてもらって、また作りましょっと

そうそう、そのまま放置の発酵なので、寒くなったら床暖の上とか、温かいところに置いた方がよいと思います。


cool_mama at 19:48|PermalinkComments(2)

2018年07月19日

おうちごはんとスツール

なんだか久しぶりのトールペイント自宅教室です。

先月は地震があったり、別件の用事が入ったり・・・

というわけで、お久しぶりにお昼ご飯を作りました。
今日、初めて来た方がいて、「カフェみたい~」と喜んでくれました。

DSC_2485

あれ~?!
パスタの盛り付けがいま一つ・・・
前菜チックにならべたおかずもなんだか今一つ・・・
まだまだ修行が足りませんね。
次回はもう少しがんばります

デザートには、桃とアイスクリームのパフェチックを作って、こちらはバッチリでした



さて、今日はみんなトールペイントをしてましたが、初めての方は、スツールを作るために来ました。

出来上がりの写真を撮り忘れましたが・・・

DSC_2489

このタイプをブルー系で作りました。
とても素敵にできあがりました。
思ったよりも早くできたので、綿棒ケースも同じ柄で作製。
こちらもかわいくできました


cool_mama at 22:21|PermalinkComments(0)

2018年07月15日

手づくり水ようかんとベランダの花

各地で7月の最高気温を更新しているようですが、大阪も暑かったです。

こんな時は、白い花でさわやか涼しげな気分はいかがでしょうか。

DSC_2414

真っ白で清楚なミユキ(ピラミッドアジサイ)です。

アナベルは、白から黄緑にかわり、今はカットしてドライにしていますが、ミユキちゃんが入れ違いに咲き始めました

DSC_2413

もう少ししたら、グリーンではなくピンク系の秋色になる予定です。

CollageMaker_20180715_175510610

そして、こんな暑い時に、赤と白のシクラメンが一輪ずつ咲きました。
二つそろって間違えて咲くなんて・・・。
暑いけどがまんしてね。


こんな暑い時には、冷たいものを作りましょう。

先日、あんぱんを作ったときのあんこが残っていたので、水ようかんを作りました。

作り方は→コチラ

DSC_2410

以前作った水ようかんと同じに見えますが、下に栗の甘露煮が沈んでいます。

DSC_2411

ちょっぴり格上げした栗入り水ようかんです


cool_mama at 20:49|PermalinkComments(0)

2018年07月08日

こねて待って焼くだけなのにおいしいパンのつづき♡

おとといのお昼にこねておいたパン生地。

半分は、こねてから2時間待ったのち焼きました。

残りの生地はジップロックコンテナに入れて冷蔵庫で待機。

本当は翌朝焼くレシピでしたが、勝手に翌々日に

朝焼く予定でしたが、3時のおやつに焼きました。

DSC_2358

2倍くらいにはなってるかな?!
ちょっと当日のふくらみ方ほど元気はありませんが・・・
その時によってもっと膨らんでるときもありますけど、まぁ、このくらいなら問題なし!

DSC_2359

8等分して、今回は、あんこを入れてみました。
つやつやの方が好きなので、卵液をぬってます。

DSC_2360

ちょっとあんこがはみ出た~
でも、気にしません。

DSC_2361

手前のパンくらいに焼き色が付いた方がよかったかな~

DSC_2362

熱々のまま食べても、冷めてから食べてもおいしいあんパンになりました。

本当にお手軽に焼けるパンです






cool_mama at 20:55|PermalinkComments(0)

2018年07月06日

こねて待って焼くだけなのにおいしいパン

ひどい雨が続いています。

ゆうべからエリアメールが何度もなって、みんちゃんと一緒にドキッとしてました。
被害が広がらないことを祈るのみです。

今日は3ヶ月ぶりに瀬戸山先生のセミナーがあるはずだったのですが、この雨のひどさからお休みとなりました。
交通機関がかなりマヒしてるので正解でしたね。

ただ、私は不要な外出を避けて家にいるので手持ち無沙汰・・・。
先日作ったショップカードをちょっぴりマイナーチェンジしたりして過ごしました。

そして、もうひとつ。
少し強力粉が残っていたので使ってしまわないといけません。
(て、また新しい袋を開けることになるんですけど・・・)
パンを焼きました。

最近作るのは、超簡単な放置しておく簡単パン。

あさイチで見たレシピですが、作り方は、適当にアレンジです。


  簡単パン

強力粉     200g
砂糖      大さじ1/2
塩       小さじ1/2
ドライイースト 小さじ1/4
水       120g
油       大さじ1
(オリーブオイルやサラダオイルなど)

DSC_2320

①材料を、ひとかまりになるまでよくこねる
(こねるのだけ8分ほどホームベーカリーを使用。全部まかせて食パンにしてもいいのですが・・・)

DSC_2321

(倍の分量で作ったので、2等分)

DSC_2322

②丸めてタッパーに入れる
 翌朝焼くときは、このまま冷蔵庫で保存。
 翌々日くらいならパンパンに発酵してるけど問題なく焼けます

DSC_2323
          ↓
DSC_2324

2倍ちょっとふくらんだらOK!
今日は2時間キッチンに放置しただけ。

DSC_2327

③8等分して丸めて、ふわっとラップをして15分放置(ベンチタイム)。
 お好みで具材をいれたり卵液をぬったり、
 バターロール風の形にするときもあり。
(今回は角切りチーズと刻んだアーモンドを投入)

DSC_2330

④170℃に温めておいたオーブンで20分焼いたらできあがり

DSC_2331

放置しておくだけなのに、ちゃんとふくらんでおいしいです

これで明日の朝の分まであるので、冷蔵庫に入れた残りの生地は、あさっての朝焼く予定です。
この時、かなり発酵していても、生地を取り出して、6~8等分するとガスが抜けるので小さくなります。成形して15~20分放置してから焼けばOKです






cool_mama at 20:25|PermalinkComments(0)

2018年05月17日

手づくりの「桜あんの水ようかん」がおいしい~♡

自宅でトールペイントレッスン。

DSC_1556

今日来た生徒さんは、瀬戸山先生の「Tender Feelin's」から、描いています。

DSC_1562

これも大好きな一つ。
この本の作品は、どれも素敵で、いくつか描きましたが、まだまだ描きたい作品がいっぱい。
みんなもがんばれ~



そうそう、お昼ご飯後のデザートにと、桜あんの水ようかんを持ってきてくれました。

DSC_1554

あわいピンク色の水ようかんは期せずして2層になったとか・・・
見た目もきれいだし、ぷるっとした食感とあんこ的食感の2種類がまたいい感じ~

DSC_1555

刻んだ桜の葉は、もともと桜あんに入ってるんですって。
もちろんふんわり桜の香りがします

おいしかった!ごちそうさま~

桜あんは、プロフーズで手に入るそうです。


cool_mama at 20:41|PermalinkComments(0)

2018年05月12日

コストコで買ったブラウニーミックスを使いました♡

先月、コストコで購入して、みんなでシェアしたジラデリブラウニーミックス(¥1298)。

DSC_1423

やっと今日、焼いてみました。

5cm角のブラウニーが16個できると書いてあります。
オーブンの天板はおおきすぎるし、18㎝のケーキ型では、厚みが出るし(ケーキっぽく焼くのもありだけど)、ということで、今日は、多重構造の大フライパン(内径24㎝)を使って電磁調理器で焼くことにしました。

DSC_1424

基本的には、
・ブラウニーミックス(チョコチュリトス入り) 1袋
・水      75ml
・サラダオイル 75ml
・卵      1個

水、サラダオイル、卵をよく混ぜたら、ブラウニーミックスを加え、型に流して、160℃で45~50分焼いたら出来上がり。
 
DSC_1425

くるみ50gを粗く刻んで加えてみました。
ナッツが入ってると歯ごたえもいいし、絶対おいしくなるでしょ

とにかく混ぜて焼くだけなので超簡単

簡単すぎて、へらへらしてたのか・・・

またやってしまった・・・・。

前はチーズケーキでやったよね・・・。だから2度め。

DSC_1428

落としました。
ぼろぼろです

子どもたち二人が、別々に、順番に、
「あら~、焦がしちゃったの~?!」て。

違いますから!
まったくをもって焦がしてません!
チョコレートブラウニーの色ですから~!
落としましたけど・・・。

しかし、焦げてぐちゃぐちゃになってるみたいに見えるのは確かです。
でも、しょうがないでしょ。

もったいないもん!
食べますよ。床に落としたわけではないしね。

DSC_1429

はい、パフェ風にしてみました
これで問題解決です

ブラウニーは、焼き立てだと、底や側面がカリッとしています。
明日になったらきっとしっとりすると思います。(追記*やっぱりしっとりしました)
チョコチップの部分がねちっとしてるような気がしますがいやな感じではありません。濃い感じ。
そして、くるみがやっぱりいい歯ごたえです。
なかなかおいしい。

DSC_1430

アイスクリームの上に、先日作ったマーマレードをのせました。
これが、あう~!
ちょっとオレンジピールのチョコレートのイメージです。

DSC_1431

でも、このブラウニーは結構カロリー高そうなので、この食べ方は危険かも~
食べ過ぎに要注意です。


cool_mama at 21:59|PermalinkComments(0)

2018年04月28日

とってもおいしい自家製マーマレードができました♡

先日実家で採ってきた夏みかんを、毎日ガンガン食べています。

少し肌の調子がいいような・・・気のせいかしら・・・

もちろん農薬もなにも使ってないので、マーマレードにもぴったり。

以前、ゆでこぼしをしなかったら、思った以上にピリピリと苦みが残ってしまったので、今回はレシピを少し見直しました。

4個の夏みかんで作ったのですが、分量は、丸ごとのみかんではなく、夏みかんを袋から出した身と皮の正味量です。


自家製マーマレード

夏みかん(皮と果肉) 1250g
砂糖         600g強(夏みかんの半量)
夏みかんのタネ

DSC_1316

①夏みかんはよく洗い、皮をむいたら、薄切りにし(1mmくらい)水にさらして2~3時間おく。
②袋から身を取り出し、種はまとめてお茶パックに入れる
③①の水を切り、鍋でゆでこぼしを2回する
 前回↑をしなかったので、かなり苦かったのではとないかと思われる

DSC_1321

④鍋に身とゆでこぼしをした皮と総重量の半分の砂糖と種をいれ、中火弱にかける

DSC_1322

⑤しばらくすると、水分があがってくるので、そのまま煮詰める

DSC_1323

⑥少しとろみがついてきたらできあがり

つめたくなると、とろみは少し増します。

もともとの夏みかんの水分量にもよるのですが、採りたてでみずみずしかったので、半分以下になるまで煮詰めました。

DSC_1325

煮沸消毒した瓶に入れましたが足りなくて、残りは密閉容器へ。

DSC_1326

これは煮沸消毒できないけれど、長期保存する気はなく、早く使ってしまうので問題なしです!
今回は、大成功
そのまま食べたいくらいにおいしい~!
前回60%の砂糖で作ったのだけど、今回は50%に減らしました。
もともと酸味の強い夏みかんなので冒険ではあったのですが、このくらいでも充分甘くてすっきりしています

さっそくトーストに塗りました。
そうそう、塗るチーズの上にのせると、おいしさ倍増です。

骨付き肉の下味としても使えます


cool_mama at 21:35|PermalinkComments(0)

2018年04月08日

真っ赤ないちごゼリーが、かわいくておいしい♡

このあいだの土曜日、3分クッキングで小粒いちごで作る「いちごのゼリー」を紹介してました。

今の季節にぴったり。
とっても安い小粒のいちごをみつけたので、作ってみました。

DSC_1066

本来の作り方とは全く分量も作り方も変えてるので、元のレシピを知りたい方は、3分クッキングのHPを見てくださいね。
テレビでは、いちごシロップを作ったいちごを、低温のオーブンで焼いてセミドライいちごにしてます。それも、絶対おいしそうだったんだけど・・・私は、ちょっと面倒なので、そのままゼリーに使ってしまいました


いちごシロップ用
小粒いちご   150g
砂糖    80g
レモン汁  小さじ1

DSC_1061

①小粒いちごを4分の1にカットして、砂糖と混ぜ合わせて、2時間置く
②砂糖がとけて水分が上がってきたら、2~3分煮る

DSC_1062

③果肉とシロップを分けて、シロップを100ccにしてレモン汁を入れる
(今回90ccだったので10cc水を足しました)
このいちごをそのままゼリーに使うため、できるだけフレッシュ感を残したいため、短く煮てます。それでも、いちごをカットしてるので、シロップは充分赤くなりました。

いちごのゼリー
小粒いちご   80g
砂糖    50g
水     300cc
ゼラチン  7g
ゼラチン用の水 大さじ1強
レモン汁  小さじ2
いちごシロップで使ったいちご
いちごシロップ100cc

①ゼラチンを水でふやかしておく
②いちごシロップ100ccに、水300ccをたして火にかける
③②に砂糖を加えとかす
④砂糖がとけたらふやかしたゼラチンを加えよくとかし、レモン汁も加える
⑤フレッシュないちごをカットして(今度はスライスしてみましたが、お好きなように)いちごシロップを作ったいちごと一緒にゼリー液にいれる
⑥カップに流して、冷やし固める

DSC_1064

そばちょこサイズの容器5つ分できました。

DSC_1065

思った以上にきれいな真っ赤なゼリーになりました

お砂糖をかなり少なくしたので、もしかしたら味がうすいかも(味見を一切してなかったので)と心配でしたが、想像をこえるおいしさ
あ、期待してなかったからかも・・・

DSC_1067

でも、本当にキラキラで、とってもおいしいゼリーでした。
また作りましょっと


cool_mama at 21:36|PermalinkComments(0)
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード