手作りのおいしいもの

2017年05月22日

安納芋のパウンドケーキ

今日は、トールペイント教室でした。

お昼ご飯とその後のお茶をお出しするので、昨日のうちに、さつま芋のパウンドケーキを焼いておきました。
というのも、先月の終わりに安納芋をとっても安く手に入れたのに、まだ残っていたのをすっかり忘れてしまい、芽が出始めてしまったんです。まずいまずい~

あわてて、全部使いました。

 さつま芋のパウンドケーキ

さつま芋(正味)  300g
砂糖         70g(安納芋は甘いので50gくらいに)
たまご        2個
バター        70g
牛乳        大さじ3
ホットケーキミックス150g

①さつま芋は皮をむいてカットし、ゆでるかレンチンしてやわらかくする

DSC_6790

②コロコロにカットしたバターをボールに入れ、そこにやわらかくしたさつま芋を熱いうちにいれて、しゃもじなどでつぶす

DSC_6792

多少、さつまいものかたまりがあっても気にしない

DSC_6793

③卵を入れてよくかき混ぜる

④牛乳もくわえる

DSC_6794

⑤ホットケーキミックスをいれて、よく混ぜる

DSC_6795

⑥パウンド型に入れて、170℃に温めておいたオーブンで45分前後焼く

DSC_6804

⑦竹串をさして、タネがついてこなければOK

私の使ってる型は17cm×9cm。
1本にまとめて焼くには、ちょっと危ない微妙な量なので、二つにわけました。そのため高さが少し足りない感じ。もう少し小さい型の二つ分がちょうどいいのかな~。

DSC_6846

粉砂糖をふってお出ししました。
ホットケーキミックスを使ったら、失敗なし!
どう作ってもおいしいに決まってます

そして、あずきなこで購入したこのお皿、やっぱりかわいい~、超お気に入りです

cool_mama at 19:38|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2017年05月18日

おいしい( *´艸`)トールペイント教室?!

今日は、朝から1日トールペイント教室でした。
もちろんお昼ご飯をお出しします。

DSC_6727

煮込みハンバーグとちょうど焼き上がるようにHBに仕込んでおいたにんじんパンのランチです。

DSC_6736

デザートには、昨日のあずきなこマルシェで購入したそばちょこで、きなこプリンを作りました。(作り方はまた、そのうちに・・・)

DSC_6738

やっぱりとてもかわいい器で、ついついにんまりしてしまいます

DSC_6730

そして、Ricoちゃんが持って来てくれたのが、噂には聞いていたグリコのBitte(ビッテ)。
「Bitte×ベルサイユのばら」のパッケージです。
ベルばらの登場人物が描かれてるパッケージは全部で6種類あるようなんですが、先月この商品の存在を聞いてから、スーパーのお菓子コーナーをちらりとみたりしたのですが、見当たりませんでした。

DSC_6731

個包装もベルばら限定パッケージになっています。
あ、箱の内側にも、ベルばらが描かれていたのに、写真を撮るのを忘れました。

Bitteはコーヒーにぴったりのチョコレートということで、どの絵にもBitteとコーヒーが描かれています。

DSC_6739

軽いサクサクのビスケットでココアクリームをサンドして、チョコレートコーティングしたとてもおいしいお菓子です。パッケージに書かれた会話を読みながら味わってもおもしろいです。

このお菓子、コーヒーによくあうというのが、うたい文句ですが・・・

DSC_6734

「ホテル(どこのホテルか忘れました)で飲んだとてもおいしい紅茶を、お友達が買って来てくれたので、みんなで飲もうと思って~。だから、今日はこれを淹れて!」て、紅茶を持って来てくれました。

なんだか、いかにもお高そうなティーバッグです

DSC_6735

こうして淹れるんですって~。
「そうすると紅茶の種類もちゃんと読める向きになるでしょ」てことで、確かに~

その時、「どこの紅茶?」ていう話になって、「ドイツの紅茶なのよ!」「へ~!!」で終わっていましたが、写真をよく見ると、ロンネフェルトと書いてあります。

ん~?最近聞いたことがあります。
どこでだったかな~?と記憶をたどってみたら、2月の終わりに行ったホテルグランヴィアのロビーラウンジの紅茶がロンネフェルト社製だったことを思い出しました。

皆様のおかげでおいしいものがいただけることに感謝です


cool_mama at 21:07|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2017年04月22日

粉寒天でミルク寒

今までミルクプリンは、ゼラチンを使って作っていましたが(今までの作り方はコチラ)、今回は粉寒天を使って作ってみました。

DSC_6245


  粉寒天で作るミルクプリンのレシピ

水    100cc
牛乳   400cc
砂糖   1/2カップ弱
粉寒天 2g
アガベorメープルシロップorハチミツ

①鍋に水を入れ、粉寒天を溶かして2分くらい軽く沸騰させる
②少し温めた牛乳と砂糖を加え、よく混ぜる
③器に入れ、冷やす
④冷えたらシロップ系をかけてできあがり

ゼラチンの代わりに粉寒天を使う場合、粉寒天は水に入れて沸騰させないととけないので、100%牛乳で作ることができず、少し薄まった感じになってしまいます。
そのため、ミルクプリンというより、やっぱり牛乳寒の雰囲気が漂います。
ただ、寒天も少な目でやわらかめに作っているので(
かっちり固い寒天の食感が苦手なので)、完璧な牛乳寒ではなく牛乳寒の雰囲気がただようミルクプリンということになるわけです。

きっと生クリームを入れたら濃厚でありつつ固すぎず、牛乳寒ぽさはなくなるのではないかと思います。でも、それは、、寒天を使ったパンナコッタということになるのかしら・・・


うん、やってみましょ


DSC_6244

そうそう、今回バナナとコストコで買ったローカーのウエハースチョコ(カット済み)をのせて、アガベをかけてみました。
このウエハースチョコが、思ったよりいい仕事してました


cool_mama at 20:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月16日

いちごジャムを作りました!

昨日、注文いただいてたウェットティッシュケースができあがったので連絡したところ、即、夕方取りに来てくれました。

どこかで待ち合わせしようと思っていたのに、わざわざ来ていただいてすみません!
そして、いいものもいろいろいただいてしまいました

DSC_6156

これは、奈良の青木さんちのいちごです。
くれぐれもジャム用だからね!と念を押されました。ということで、よ~く熟れてます。

DSC_6158

ちょこっと味見してみたらすっごく甘かったので、お砂糖は30%で作ることにしました。

DSC_6159

できあがったジャムが、苺が丸のままより、半分カットされてる状態の方がパンの上でバランスよく乗りそうでしょ。
だから、火にかける前にお砂糖をなじませるように混ぜるとき、おしゃもじでいちごを半分にカットするように混ぜました。
甘いいちごだったので、レモン汁多めに投入して、弱火にかけました。

DSC_6161

そして、弱火でことこと煮ること40分。
アクもあじのうちということで、そのままアクは放置。

DSC_6162

時々混ぜていたら、泡はなんとなくなくなってきます。(完璧にはなくならないので、気になる人はすくってください。
とろんとしてきたらできあがり~

DSC_6163

とっても真っ赤なきれいな苺ジャムができました。
小さ目ジャムの瓶に二つと少し入りきらなかった分。

DSC_6164

一応煮沸消毒して詰めたけど、おいしくて、アッという間になくなりそうです

どうもありがとうございます
.

cool_mama at 23:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月09日

手づくりチーズケーキ

ふと思い立ってチーズケーキを焼いてみました。

私が最近作るレシピは生クリームを使わず、牛乳で作るので、とてもお手軽です

作り方は→こちら

DSC_6033

今日もよくふくらんでます。
このスフレ状態を食べてもおいしいのですが、すっと落ち着いて、冷やしたものもとてもおいしいチーズケーキです

DSC_6034

焼き上がって、オーブンから出すとほよほよっと揺れておいしいそうです

この焼き上がった状態で、ちらりと見えてる側面のペーパーをひっぱって、型から出したいところなのですが・・・。
市販のケーキ作り用の台紙ならば、ほどよくケーキと紙がくっついて、スポッと取り出すことができるのですが、つるつるのクッキングペーパーを使ったので、底を少し押してから側面の紙を両手で引っ張っても、紙だけがするりと抜けてしまいます。
そのため、底を押して型から抜いてお皿へ移すのですが、型が熱いのでなかなか難しいんです。
熱い型に片腕が通るかたちになりますから~
(わかりずらいですね・・・)

まぁ、こうして、取り出す方法をうだうだ書いたのには、分けがありまして・・・

DSC_6035

ひえ~!
ちょこっと横向きに落としてしまいました・・・
最悪~、ありえない~、ひどすぎる~!

DSC_6037

と、思ったのですが、仕方がない!
くずれてしまったので、そのままちょっとちぎってつまみ食い~
いやん!アツアツもおいしいです。このままペロッと食べてしまいそうですが、だめだめ、つまみ食いはほどほどにして、粗熱がとれてから冷やしました。

DSC_6042

きれいな形でなくっても、適当に盛りつけて、パウダーシュガーをかけたら、バッチリ~
もともとこんな風に作ったスイーツのように見えたりして・・・

DSC_6041

大きないちごも盛りつけて、ちびと一緒においしくいただきました



cool_mama at 20:58|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2017年03月13日

手づくり水ようかん

午前中、トールペイント教室だったので、終わってからのお茶の時間に、初めて作った羊羹を出しました。

image

羊羹を作るつもりだったのですが、ゆであずきを水で伸ばしたので、結果、水ようかんになりました。自分でやったのに、できあがってみて、なるほど~って感じ(笑)

   水ようかん

・ゆであずき  1缶(190g)
・水     310cc
・はちみつ   大さじ2
   (ティースプーン山盛り2杯いれました)
・粉寒天    4g

材料を全部鍋に入れ、よく混ぜてから火にかける
沸騰したら、火をとめ密閉容器などに入れ、冷やし固める

image

だいたいこんなレシピです。
ハチミツを入れたのは、お砂糖がなかったからです・・・。

ゆであずきはかなりツブツブなので、火にかけてるとき少しつぶすようにまぜました。そして、すぐに容器に移すと、あずきが沈むので、少しプルプルになってきたころに混ぜてから容器に移しました。

でも、今日、寒天は固まってきたところでまぜると、固まらなくなるという話を聞いたので、あずきが沈んでも、すぐに容器に移して、そのまま固めた方が失敗はないかもしれません。

image

簡単に容器から外れました。
写真は、カットし始めてから撮ったので、筋が入ってます

image

ゆであずきを使ったら、簡単すぎるのに本物の水ようかんです
みんなの評判もとてもよかったです


cool_mama at 21:15|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2017年03月02日

黒豆スイーツ作ってみました!

先日、黒豆スープを作りました。→黒豆スープ

まだまだ黒豆がたくさんあるので、今度は黒豆でスイーツを作ることにしました。

スープにしたときと同様にやわらかく黒豆を煮て、ミキサーにかけて、コンソメでのばすのではなく、牛乳で伸ばして固めたら黒豆プリンになるんじゃな~い~と、ひらめいたわけです

DSC_5459

完璧

黒豆を煮るのは前回同様(前回煮方は書いてなかったか・・・)に、厚手のお鍋で黒豆を煮立ててはバスタオルとひざ掛けにくるむ。という作業を3時間おきくらい・・・つまりふと思い出しては煮立ててみるということを1日繰り返しました。もちろん寝てるあいだは放置。
これで、ほぼやわらかくなります。

DSC_5449

1カップ弱のお豆をやわらかく煮ました。といっても、改めて火にかけるたびに、2~3粒つまみ食いをしていたので、かなり減っているかもしれません。

ちょうどひたひたくらいの煮汁ごと、今回はフードプロセッサーにかけました。
ミキサーだともっとたっぷりの水分が必要だからです。

DSC_5452

フードプロセッサーの周りにつくのを落としつつ、念入りにつぶしました。(ミキサーでするときは、先に粉寒天と砂糖をとかした牛乳をいれたらOKかな)

DSC_5451

フードプロセッサーで黒豆をつぶしてるあいだに、黒豆を煮たお鍋に(洗い物を減らすためそのままいっちゃう)牛乳2カップと粉寒天4~5gを入れてから火にかけ、砂糖大さじ3~4も入れ、よく混ぜて沸騰させます。

DSC_5453

それを少しずつ黒豆に混ぜ、カップに入れて冷蔵庫で固めます。

DSC_5459

そして、完成
ゼラチンより粉寒天は早く固まるので、お昼過ぎにちゅちゅたんの病院から帰って作り始めて、3時のおやつに充分間に合いました。

こうして、粉寒天を採っていたらコレステロールも下がるはず・・・と期待してるのです

一応材料のめやすは・・・

   黒豆プリン
黒豆    1カップ弱
牛乳    2カップ
粉寒天  4~5g
砂糖    大さじ3~4
お好みでアイスクリームやフルーツ、メープルシロップ

DSC_5461

アイスクリームをのせてみました。

DSC_5463

なんだかちょっぴりグレードアップ

DSC_5464

とろんとしたプリンのような食感です。

甘さ控えめなので、メープルシロップやアガベをかけてもおいしいと思います




cool_mama at 20:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月27日

あさイチで紹介された寒天メニューを作ってみました!適当だけど(笑)

先週、NHKのあさイチで、寒天のよさやレシピが紹介されました。

寒天は食物繊維が豊富で、ダイエット効果もあり、血糖値の吸収をゆるやかにしたり、コレステロールを低下する効果が期待できる和のスーパーフードといえるそうです。

ダイエット効果も魅力ではありますが、なんといっても私の場合、コレステロールの低下が期待できるということが一番の魅です。

当日紹介されたレシピも、簡単なものばかり。
糸寒天などは洗ってそのまま、お味噌汁に食べるとき入れたらよいようなので、お手軽です。

でも、ネットをさまよい選んだのは粉寒天。

DSC_5377

保存するのに、場所を取らないでしょ。
それに、棒寒天と、その半量の粉寒天の固める力が同じなんです。

基本は500ccの液体に対して、粉寒天なら4g、棒寒天なら8gです。
やわらかめが好きな人は600ccにしたらよいそうです。

そこで、番組でも紹介していたアスパラのテリーヌを作ってみました。分量はなんとなくしか覚えていないので、適当にアレンジしました。

    
    アスパラと玉子のテリーヌ

ゆでたアアスパラガス6本
ゆでたまご  2個
ハム      2枚
水       250cc
コンソメ    1個
白ワイン   少々
粉寒天    2g

1、鍋に水を入れ、粉寒天を振り入れてから火にかける
2、コンソメも入れ、よく混ぜながら沸騰したら弱火で2分煮る
3、白ワインも入れ、火を止める
4、型に合わせてアスパラガスをカットして、アスパラ、ハムを並べて寒天液、その上まで注ぐ。
5、たまご、アスパラ、ハムと入れ、すべての寒天液を注ぎ、端を竹串などでつついて、中にはいってる空気を抜く
6、冷やし固める

DSC_5417

できあがり~!
番組でいれてたトマトとかあったら、赤くてもっと見栄えがよくなったかも~。

DSC_5416

でも、トマト切れ~!
せめてサラダの横にプチトマトをおきたかったです。
というわけで、これは、本日のトールペイント教室で出したお昼ご飯です。

そして、第二弾としてフルーツ寒天も出しました。

DSC_5419

ジャン!
ゼリーもゆるめが好きで、みつ豆の寒天が苦手な私はずっと寒天はダメだと思っていました。でも、粉寒天の量を減らしたら、好みの硬さにできてばっちりでした!粉寒天を買ってから毎日のように作ってたのですが、自分用にはこのカップのまま食べてました。
でも、今日初めてお皿にパカッと出してみたら・・・

DSC_5418

やわらかすぎてくずれてしまいました・・・失敗。

DSC_5421

そこで、別の器に移して、バナナを添えてみました。

DSC_5420

まぁ、これはこれでOKということで~

ちなみに、この時に使ったみかんは・・・

DSC_5299

コストコで買ったカップ入りマンダリンオレンジ20個入り¥1188です。

DSC_5305

もっとオレンジっぽい味なのかと思ったら、日本のみかんの缶詰と同じです。マンダリンオレンジって温州ミカンとほぼ同じ感じです。ていうか、みかんの缶詰ってもしかしたら、もともとマンダリンオレンジを使ってるものが多かったりして・・・どうなんでしょうね。

cool_mama at 21:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月16日

黒豆のスープ

以前、実家から送られてきた黒豆があります。それもかなり大量・・・。

黒豆の煮豆なんて、そんなに大量に食べられるものじゃないし(ちびは食べない)、どうしようかと思っていたんです。
そこで、このあいだ行った「月見里(やまなし)」で出て来た黒豆のスープですが、レシピがついていたので、作ってみることにしました。

レシピの材料は、黒豆500g、玉ねぎ370g、チキンスープ750ccとか・・・
当日も、みんなで「500gの黒豆で作ったらいったい何人分できるんだろうね~」て話してました。結構アバウトなレシピです。でも、アバウトな私なので、全然問題はなし!
とにかくやわらかく煮た黒豆に、以前オニオングラタンスープを作ったときに、飴色玉ねぎを多めに作って冷凍しておいたので、それを投入して、適当にコンソメ(チキンスープはなかった)で伸ばしてミキサーにかけて完成。
本当は黒豆をやわらかく煮るときに、炒めた玉ねぎも一緒にやわらかく煮るといいのですが、黒豆の一部を煮豆にもしようと思ったので、玉ねぎを最初から入れて煮るわけにはいかなかったんです。おかげで、スープも普通の煮豆もおいしくできました

今日は、朝からトールペイントのレッスンだったのですが、一緒に「月見里」へ行ったメンバーだったので、お昼ご飯に出したら、みんなから同じ味~!とのお言葉をいただきました。

やった~

   今日のおうちランチ

DSC_5226

最近、ちょこっとおかずをつけるのが、マイブームです。

DSC_5228

おでんのトマトが大好きなので、プチトマトを入れてみました。
ドリルのようなロマネスコはブロッコリーのように見えますが、カリフラワーの仲間です。

DSC_5233

これがぽってりした黒豆スープ。
黒豆を大量に消費できました。甘い煮豆よりずっと体にいいかも~


cool_mama at 21:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月12日

フロマージュブランで作るムース

DSC_5166

先日、いっぱい買ってきたチーズですが、賞味期限の短いものからどんどん使っています。

とくに、今回のヒットは右上のグリーンと白のパッケージに入ってるフロマージュブラン。

DSC_5179

クリームチーズよりやわらかくてあっさりめ、くせがないです。

DSC_5180

トーストにも塗りやすくて、ハチミツとの相性もばっちり。この組み合わせにはまってます

でも、たっぷりあるので、ムースも作ってみました。


    フロマージュブランムース
*フロマージュブラン   250g
*砂糖           10g
*レモン果汁少々

〇たまごの白身      一つ分
〇砂糖           10g

+ゼラチン      3g
+水          大さじ1

①ゼラチンを水でふやかしておく
②*の材料を混ぜておく
③〇の白身に砂糖を入れよく泡立てる
④①を数秒レンジにかけてとかす
⑤④に②のチーズを少し入れてよく混ぜ合わせ、それを②に戻して混ぜ合わせる
⑥⑤に③の泡立てた白身をいれて混ぜる。
⑦容器に入れて冷やし固める

超簡単です!
ただ、ゼラチンをいきなり冷たいところに入れると、だまになるので少しのばしてからいれて、よくかき混ぜてください。

そうそう、フロマージュブランと玉子の白身にいれた砂糖を10gと書きましたが、私が入れたのは実は9gずつ・・・。

DSC_5187

このスティックタイプのグラニュー糖が1本3gなので、3本ずつ使いました。
コーヒーなどにお砂糖は使わないので、いただきもののグラニュー糖は、炒め物に少し入れるときに使ったりします。今回のようなスイーツでも、少量の時は計らなくてもいいので便利です。

さて、フロマージュブランのムースは、カップと密閉容器の両方で作ってみました。

DSC_5188

カップにいれて冷やしたものです。

DSC_5189

こちらはタッパーに入れて冷やしたものをスプーンですくいました。3時間弱ではまだまだ早すぎました。半日くらい置いた方がよいかもしれません。

DSC_5190

ちょっとやわらかめでしたが、フルーツも一緒に盛りつけたらおいしそうでしょ。

DSC_5191

カップに入れた方は、とてもかわいくできました。小さい方が早く固まるんですね。

DSC_5192

あまり糖分を入れずに作ったので、ちびにはアガベをかけました。メープルシロップやハチミツでもいいと思います

う~ん、おいしくできました いつもの自画自賛です



cool_mama at 21:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード