2016年07月20日

ダリ展@京都市美術館

7月1日から始まった「ダリ展」を、京都市美術館へ観に行ってきました。

DSC_1591

私がダリを知ったのは30年ほど前。西武百貨店の宝飾品売り場でダリのデザインした宝石を見たのが始まりです。
その時は、赤いルビーの「王家の心臓」が、妙に生々しく動いていたことを、よく覚えています。

DSC_1593

今回の「ダリ展」では、絵画を中心に、彫刻や挿絵、壁に映画も上映されたりしています。

DSC_1598

入口にはダリ劇場美術館の展示室を再現した「メイ・ウエストの部屋」があります。こちらは写真もOK。

BlogPaint

鏡に向かって写真を撮ると、壁に掛けられた2枚の絵画が目に、暖炉が鼻に(←これ、暖炉じゃなくていかにも鼻ですけど)そして、ソファが唇になってます。そして、手前の壁には髪の毛とイヤリングの絵が描いてあります。

DSC_1596

鏡ではなく直接見るとこんな部屋です。
ここでの記念撮影からダリの作品の回顧展が始まります。

印象派の影響を受けたという10代の作品があり、シュルレアリスムの代表ともいえるあり得ない情景の作品群が多数ありました。ダリの作品は、とてもきれいで、怖くて、奇天烈です。

館内は混みあってはいますが、並ぶこともなくすぐに入れました。
これだけの作品が揃うことは少ないと思いますので、興味のある方はぜひ観に行ってください。

「ダリ展」
京都市美術館 
2016.7.1(金)~9.4(日)



cool_mama at 21:34│Comments(0)TrackBack(0) おでかけ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード