2012年11月13日

懐石カフェ 蛙吉

東福寺から伏見稲荷へと見て回った後は、ランチタイム。

P1010163



ずっと行ってみたいと思っていた懐石カフェ蛙吉(あきち)は京阪伏見稲荷駅のすぐ前です。

P1010165

なんともかわいい扉

予約して大正解、このかわいい扉には「本日予約で満席」の札が下がってました。

入ると右手に二人掛けテーブルが二つ、奥の個室っぽいところは4人までOKのようで、あとは・・・テーブルがまだあったかな・・・?カウンターが何席かありますが、かなりキュッと詰った感のある小さなお店です。

P1010166



私たちは2階とのことで、上ると掘りごたつの和室になってました。ここは5~8名のお部屋で私たちは5人。

P1010168



ゆったりゆっくりの間取りです。

P1010167



2階から下のカウンターが見える吹き抜け。

ランチはカレー膳¥1000か11月の懐石¥2000。予約する時にどちらにするか聞かれます。
私たちはもちろん懐石のほうで~^^

  11月の懐石  錦秋懐石

P1010170

紅葉豆腐 
いきなり秋~。もっちりすぎてなかなか切れないくらいです。ほんのほんのちょっぴりシナモンの風味がしました。

P1010173

秋色パレット
この器・・・画材のパレットですよね~。こんな使い方もできるなんて・・・ほしくなってしまいます。
これのひとつひとつがとっても凝っています。
焼き栗、こんにゃく(とうがらし)、大根、鴨、イワシ、とんぶり。
すべての下にそれぞれ趣向をこらした(食べたことあるのに何かわからないものも・・)ソースが敷かれてるんです。

P1010175

栗っけ
見た目だけでなく、中にも栗が入ったコロッケ。
おいしい~、あつい~

P1010177

錦秋蒸し

P1010178

中にはお豆腐、湯むきしたプチトマト、カニ、三つ葉、菊の花びら・・・なんともきれいでこれまたアツアツ~

P1010181

サーモンの朴葉焼き・・・グラタンですって・・・ポテトやパプリカ等の下はホワイトソースでした。
サーモンにあられ?がまぶしてあってカッリカリ~。
うちでもこんな組み合わせで焼いたらおいしくできそう

P1010182

一緒にご飯と京漬物がきます。

P1010187

柿の和風マチュドニア
マチュドニアってイタリアの洋酒を使ったフルーツポンチみたいなものだそうです。柿と黒豆がおいしかった~

飲み物はコーヒーか紅茶、小山園のほうじ茶から選びます。

P1010188

やっぱりコーヒー。
店内にはあちこち蛙の置物があったけど・・・カップにも蛙ちゃん。

P1010184

はじめ気がつかなかったんだけど・・・氷がとけたら底に蛙ちゃん。

2階の個室ということもあったと思うけれど、食事もゆっくりでてくるのでとにかくゆったりと過ごすことができます。

12時に来て食事が終わったのが2時過ぎです。
逆にゆっくり時間がない時は避けた方がよいかも~。

P1010191

この懐石は毎月変わるので、近ければ毎月でも食べにきたいねてお店でした。

懐石カフェ蛙吉
京都市伏見区深草一ノ坪町20-13     
地図
075-644-1530
11:00~18:00
定休日  日・祝 毎月1日


cool_mama at 20:02│Comments(0)TrackBack(0) 京都で食事&カフェ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード