2011年09月25日

綿業会館

P9248065

綿業会館は国の重要文化財に指定されてます。
そして月に一度第4土曜日に館内見学を実施中。

P9248016

午前の部は11時からの見学で昼食付き¥2500。
午後の部は14時半からの見学のみで¥500です。
みぇちゃんがちゃんと予約しておいてくれたので14時半からの見学です。

P9248021

正面から入ると吹き抜けのロビーに大きなシャンデリア、岡常夫氏の像が鎮座してます。故人の遺言により100万円が寄付され、これに業界から集めた50万円を足して昭和6年12月に竣工しました。今の価値でいうと5千倍とか・・・。
(ちなみに当時100万円で大阪城が再建されたそうです)

P9248027

ここのロビーはイタリアルネッサンス調です。

P9248022

となりの会員食堂はアメリカ式。

P9248026

天井は装飾が豪華です。

P9248042

談話室はイギリスルネッサンス初期の豪華で重厚な部屋。

P9248041

壁のタイルタペストリー。

P9248044

部屋の中にある上階への階段

P9248037

廊下には当時使われていた郵便ポストがあります。
上の階で投かんされたものもここへ落ちてきて、契約をしていた郵便局が直接ここへ取りに来てくれたそうです。

P9248038

そのとなりのエレベーター。
もちろん中味は今のものになってるけどこの扉は元のまま。

P9248047

貴賓室の天井

P9248050

拡大するとこんなに精巧。
この中のザクロは実がたくさんなることから繁栄を願っているとか・・・。

P9248051

貴賓室につづく鏡の間
このテーブルの奥の壁の鏡と反対側にある貴賓室とのあいだにある扉についてる鏡とがお互いに映りこみ、部屋がどこまでも続いてみえるようになっている部屋。

P9248057

貴賓室の床
気がつきました?

P9248055

アンモナイトの化石入り。

P9248059

会員と同伴者専用の本館地下にあるグリル。
この青いモザイクは当時のまま。

P9248060P9248063

壁面のプチプチした模様は大理石の壁にモザイクを埋め込んだ装飾。
手が込んでます。

今日は案内してもらえなかったけど、屋上には昭和初期にそんなスポーツがあることすらあまり認識されていなかったゴルフの練習場や、かなりりっぱな紡績神社などがあるそうです。
戦争でも無事だったこの建物が80年の時を経て、今でも会員により使われてるのはすてきなことだなって思います。

綿業会館(綿業倶楽部)
大阪市備後町2-5-8  地図
06-6231-4881
10:00~20:00

館内見学(有料)
毎月第4土曜日
11:00~食事つき
14:30~見学のみ
(事前申しこみ要)



cool_mama at 19:47│Comments(0)TrackBack(0) おでかけ 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード